【口コミ調査】評判の高いシミ消しクリームはどんな商品?

夏といえばプールや海、アウトドアスポーツなど、屋外でのレジャーが多くなりますよね。

しかし、そんな楽しい季節を堪能した後、私たちを待っているのがそう、シミです。

一度できてしまったシミはなかなか消すのが大変。化粧でシミを隠すたびに、「ああ、夏にずっと引きこもっておけばよかった…。」と毎年後悔してはいませんか?

そこで今回は、インターネットの口コミサイトで評判の良いシミ消しクリームをご紹介したいと思います!現在シミで悩んでいる方必見!今後のシミ対策に是非お役立てくださいね。

口コミで大人気!みんなが選ぶおすすめシミ消しクリームランキング

口コミ シミ消しクリーム ランキング

早速、口コミ人気の高いシミ消しクリームをランキング形式でご紹介!

なお今回は、アットコスメ・楽天市場(みんなのレビュー)・Amazon(カスタマーレビュー)をはじめ、各口コミサイトを徹底調査した上での総合人気ランキングを掲載しております。

※ご紹介している口コミは個人の感想です。商品の効果に関しては個人差がありますのでご了承ください。

【第1位】b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9

内容量 15g
価格(税抜) 6,480円
配合成分
  • QuSome®ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • βホワイト など
おすすめしたい人
  • すぐにでもシミを消したい人
  • 美白化粧品でなかなか実感できない人
  • ハイドロキノン化粧品で刺激を感じる人

肌に刺激が強い美白成分・ハイドロキノンとビーグレン独自のQuSome®という浸透テクノロジーが融合して生まれた『QuSomeホワイトクリーム1.9』。

使い方は簡単、気になる部分に塗り込むだけ!あとは成分を必要としている箇所に、QuSome®ハイドロキノンがしっかりと届けられて、シミの根元を集中ケアしてくれます。

実際に使っている方々から「何を使っても効果が実感できなかったのに、これは本当にシミに効いた!」という声が寄せられるのも納得できる実力派クリームです。

口コミ

かれこれ10年?ぐらい継続しています。昔からシミができやすい体(?)で、気が付けばどんどん濃いシミが増えて困っていましたが、これを使ってからはシミがかなり薄く変化!

おかげでシミだらけだった肌もかなりキレイになり、周りの同世代からも「前より肌が明るくなった」と褒められるようになりました。(57歳・乾燥肌)

彼の影響でレジャースポーツを始めたら、一気に肌がシミだらけに(*_*)一生懸命美白化粧品でケアを行っていましたが、どれもイマイチ実感できず…。そんな中、口コミでこちらのクリームがシミに効くと伺ったので、試しに購入してみました。

結果、長年放置したシミはまだ効いているのかよくわかんないけど、最近できたうっすらシミにはかなり効果を感じられています。(33歳・混合肌)

さらにQuSomeホワイトクリーム1.9は、口コミサイトのみならず、SNSでも人気を集めています。

肌の変化を見ている限り、美白に関しての即効性は間違いないようですね。

みなさんもなかなかとれない頑固なシミに是非使ってみてはいかがでしょうか。

【第2位】アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

内容量 11ml
価格(税込) 18,000円
配合成分
  • 新安定型ハイドロキノン
  • シコンエキス
  • ピザボロール など
おすすめしたい人
  • シミをすぐに改善したい人
  • 信頼性の高い美白化粧品を使いたい人
  • 肌に透明感が欲しい人

『ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110』は、2005年の発売以来、アンプルール不動の売れ筋ナンバーワンをキープしているシミ消しクリームです。

アンプルール史上最も高濃度のハイドロキノン配合クリームでありながら、BCDACという物質と合体させた“新安定型ハイドロキノン”を配合しているので、酸化や刺激を抑え、効果的に気になるポイントをケアすることができます。

ハイドロキノン配合の海外化粧品は、日本人の肌に合わないものが多いとされますが、アンプルールは日本人の肌やシミの状態についてよく知る現役皮膚科医が開発したシミ消しクリームなのでポイントが高いですよね♪

口コミ

お値段が高いので躊躇していましたが、口コミでシミが消えたという情報を聞いたので、思い切って購入しました。目の下の薄いシミが本当にどんどん消えていき、数ヵ月前とはくらべものにならないほど、肌が明るくなりました(^^♪

残念ながらずっと放置していた頑固なシミはまだ消えていませんが、これからも愛用していきたいと思います~♪(47歳・乾燥肌)

子供を産んでから肌質が変化し、荒れたりシミができたりするように…(泣)毛穴も開いて、もうすっぴんで外に出歩くのは絶対に無理!!!と思っていましたが、アンプルールを買ってからはかなり救われました…。くすんでいた肌も透明感が出てきて、毛穴も前より小さくなったような?

特にびっくりしたのがシミ消し用のラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110。気になっていたシミが徐々に薄くなっていきます!使って3カ月ぐらい経ちますが、あまりの効果に驚きますよほんと。値段に惑わされず使ってみるべき!!!

金額の高さがネックとなっているラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110でしたが、いざ使ってみたら凄かった!!!という口コミが大変多く見られました。

アンプルールの金額に抵抗がある方は、まずトライアルセットでお試しして、実力を確かめてみるといいかもしれませんね。

【第3位】サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート

内容量 30g
価格(税込) 5,400円
配合成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ヒト型セラミドナノスフィア など
おすすめしたい人
  • 乾燥肌・敏感肌の人
  • 顔全体のトーンアップをしたい人
  • ニキビなどによる炎症後色素沈着を改善したい人

「ハイドロキノン配合のクリームが使えないけど、気になるポイントはケアしていきたい…」

そんな方におすすめしたいのが、敏感肌専門ブランド・ディセンシアの美白クリーム『サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート』です。

敏感肌のために開発された商品なので、肌へ刺激が少ないのはもちろん、敏感肌特有のシミ原因をブロックすることができます。

また、バリア機能を高めるセラミドなどの保湿成分が配合されており、美白と保湿をダブルでケアしたい方にもぴったりです♪

口コミ

冬はアヤナスを使っているけど、夏場は黙っていても汗で肌がうるおうので、美白ケアに集中!ってことで、毎年この時期にさしかかると、サエルにシフトチェンジして購入しています。

既にできたシミにはあまり効かないけど、顔全体に使っているので、毛穴がきゅっと引き締まってきているのがわかります(⋈◍>◡<◍)。✧♡(32歳・乾燥肌)

雑誌で紹介されていたのをきっかけに、トライアルセットを購入しました。しかし、毎日欠かさず塗っていたのに1週間経ってもシミが消えず…。お金を無駄にした~!と諦めていたところ、久々に会った友人から「あれ、前より肌がキレイになったね」と言われました。自分自身では気が付かなかったけど、顔のトーンは明るく変化していたようです♪(23歳・敏感肌)

ハイドロキノンが配合されていない分、即効性は上位2商品より劣るようですね。

しかし、肌へのやさしさはピカイチなので、肌質をケアしながらシミも改善していきたい人は試してみるといいかもしれません。

【第4位】アスタリフトホワイトシリーズ

アスタリフト クリーム

内容量(トライアルセット) 30g
価格(税込) 5,400円
配合成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • アスタキサンチン
  • ナノAMA など
おすすめしたい人
  • エイジングケアも美白ケアも譲れない人
  • 肌荒れが起こりやすい人
  • 夕方になると肌がくすんでみえる人

キレイどころの女優さんばかりが出演しているCMで話題のアスタリフトホワイトシリーズ。

中でもひと際人気を集めている商品が『アスタリフト ホワイト クリーム』です。

写真フィルム事業も行っている富士フィルムならではの独自技術と美容成分がうまく融合し、ナノ化した成分が気になるポイントをしっかりカバー。

さらに、ハリを高めるアスタキサンチン配合で、エイジングケアも同時に行うことができます。

口コミ

5日間のトライアルセットを買ってみたんですが、高級感?があって凄く良かったです!貧乏性なので毎日ケチって使っていましたが、少量でもすごい保湿力!シミはさすがに消えなかったけど、何となく良い手応えを感じられたので、そのまま現品購入して使っています。(27歳・普通肌)
アスタリフトシリーズはドラッグストアでも購入できるから、いざってときでも安心。もうかれこれ3年ぐらい使っていますが、ニキビ跡のシミはすっかり良くなりましたよ♪(36歳・乾燥肌)

こちらも3位のサエル同様、ハイドロキノンは配合していませんが、シミへの効果は抜群のようですね!

おそらく、有効成分のアルブチンとグリチルリチン酸ジカリウムが炎症後色素沈着に効いているのかもしれません。

ニキビや虫刺され、ムダ毛の処理などでシミができてしまった人は、是非とも早めに試してみて!

【第5位】ポーラ ホワイトショットSXS

ホワイトショットSXS

内容量 20g
価格(税込) 12,960円
配合成分
  • ルシノール®EX
  • SCリキッド
  • m-Aクリアエキス
  • m-シューター など
おすすめしたい人
  • シミやくすみがどんどん濃くなってきた人
  • 気になるポイントを集中ケアしたい人

2018年にリニューアルし、早くもベスト・オブ・ベスト美白大賞2018に輝いた『ホワイトショットSXS』。

毎回業界初の美白メカニズムを発見するポーラの研究成果が凝縮されたシミ消しクリームです。

前回着目された、肌が自ら明るくなる“セルフクリア機能”に加え、今回はメラノサイトが移動する“アライブクリア機能”をサポートする成分を追加配合。

進化し続けるシミ消しクリームの効果に、口コミでも賞賛の声が続々と上がっています!

口コミ

ポーラに通っているときに店員さんが奨めてくれたホワイトショット、絶対騙されてると思いながらも続けてたら、肝斑が本当に薄くなってきた!疑いの目を向けててごまんなさい(笑)(50歳・乾燥肌)
雑誌のおまけに付いてたサンプルでリニューアル品を使ってみました(∩´∀`)∩コクのあるクリームで、肌にピタっとくっつくので、成分がシミの元に届いている感じがします♡しかも2回しか使っていないのに肌の調子がとっても良くなりました!値段が高いから、さすがに現品購入は迷うけど…聞いたことのないメーカーの高級化粧品よりならよっぽど信用できると思います(‘ω’)(26歳・普通肌)

はじめはサンプルや店員さんのおすすめで試してみる方が多いようですね。

価格が高い分、トライするには勇気がいりますが、後悔しない結果が待っていると思えば、使ってみる価値は十分アリだと思いますよ♪

【第6位】HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV
内容量 45g
価格(税込) 1,0800円
配合成分
  • Vカット複合体
  • 4MSK
  • m-トラネキサム酸 など
おすすめしたい人
  • 知名度の高い美白化粧品を使いたい人
  • 薬局やドラッグストアでも気軽に美白化粧品を購入したい人

輝くプリズムカラーのボトルが印象的な『HAKU メラノフォーカスV』。

「シミの記憶をゼロへ」というキャッチフレーズの通り、独自の美白有効成分・抗メラノ機能体(4MSK・m-トラネキサム酸)とVカット複合体(トルメンチラおよびイチヤクソウのエキス、グリセリンを組み合わせた成分)が、肌の奥に潜むシミにとことんアタックします。

美白美容液市場で13年連続売り上げナンバーワンをキープしているだけあって、効果は抜群。口コミを見ても、たくさんの方から支持されていることがわかります。

口コミ

昔資生堂の化粧品で肌が大荒れしたことがあって、以来、資生堂には手を出すまい…と誓っていたのですが、最近妊娠したのをきっかけに、肌質がかなり変化してしまいました。

しかもシミもいつの間にか増えていて…。ドラッグストアの店員さんとかに見てもらいながら、この化粧品にたどり着きました。

そのときはサンプルがもらえなかったので、正直使うのが超怖かったんですけど、実際使ったら、全然平気でした!妊娠中もこれのおかげでシミを防げたし、肌のトーンもかなり明るくなって透明感が出ました。(32歳・敏感肌)

【第7位】フレキュレル

フルキュレル
内容量 40g
価格(税込) 7,560円
配合成分
  • トラネキサム酸
  • シュガースクラワン
  • バイオベネフィティ など
おすすめしたい人
  • 1回でスキンケアを済ませたい人
  • 経済的な美白化粧品をお探し中の人

美白有効成分がつまったオールインワンタイプのシミ消しクリーム『フレキュレル』。

この商品の特徴は何と言っても、シミだけじゃなく、年々濃くなるそばかすもケアできちゃうこと♪

シミやニキビ跡の色素沈着よりも改善するのが難しいとされるそばかすが、たった1つのクリームでケアできるなんて夢のようですよね。

また、わざわざ美白化粧水・美容液・クリームを取り揃える必要がなく、経済的にケアできるのも人気の秘密です。

口コミ

レーザーで1回治療したシミが再度あらわれて困っていた時、雑誌で紹介されていたのを見つけて購入しました。フレキュレルは肌に負担のかかる成分がほとんど入っていないし、万が一肌に合わなくても、返金保証が効くのでとっても助かります。

私も試しにと思って使ってみたところ、あれだけしつこくあらわれていたシミが、全く増えなくなりました。しかも、再度現れたシミも、だんだんと薄くなっているんです!ハイドロキノン無配合でこの効果はすごいです。これは本当に使った方がいい。(38歳・敏感肌)

口コミだけで選んじゃダメ!?本当に実感できるシミ消しクリームを選ぶコツ

シミ消しクリーム 選び方

前項では、口コミ評価の高いシミ消しクリームをランキング形式でご紹介しました。

しかし、いくら口コミでの人気が高いからといって、それだけで選ぶと後悔してしまうことも。

次に、失敗しないシミ消しクリームの選び方をしっかりと押さえていきましょう!

ポイント① 美白有効成分を見極めるべし!

シミを消すんですから、美白有効成分が配合されているクリームを選ぶのが大前提です。

しかし、一口に美白有効成分といっても、成分によって得意な分野がかなり分かれます。

配合成分によってシミをどうするのか働きが異なりますから、シミ消しクリームを購入する前に、シミにどう効く美白有効成分が入っているのかチェックしておきましょう。

シミにどう働くのか 具体的な効果・作用 成分
つくらせない メラニンの生成指令を止める
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
チロシナーゼの働きを抑える
  • アルブチン
  • ルシノール
  • エラグ酸
  • ビタミンC誘導体
  • 4MSK
  • プラセンタエキス
  • コウジ酸 など
チロシナーゼを分解する
  • マグノリグナン
  • リノール酸S
元に戻す メラニン色素を還元する
  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
肌の外に追い出す メラニン色素を肌の外に排出する
  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • リノール酸S
  • エナジーシグナルAMP
  • レチノール

中でも特に注目しておきたい成分は以下の成分です。

ハイドロキノン

イチゴや麦芽などに含まれている天然成分で、チロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの還元をする作用がある成分です。

肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果が高く、その効果は一般的な美白成分の10倍~100倍におよぶと言われています。

肌に刺激が強いため、配合濃度の上限が2%までと定められており、乾燥肌・敏感肌の方が使用する際は十分な注意が必要です。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを吸収しやすい形に変えた成分で、シミの元であるメラニン生成を抑えたり、メラニン色素の還元をしたりする効果が期待できます。

美白効果はハイドロキノンと似ていますが、肌への刺激がハイドロキノンほどではないため、様々な美白化粧品に配合されています。

アルブチン

シミをつくるチロシナーゼの活性を抑え、メラノサイトの働きも抑える効果があります。

m-トラネキサム酸

抗炎症剤として使用されていたトラネキサム酸を美白成分として開発したもので、メラニンの生成を阻止する効果があります。

※資生堂が開発した美白有効成分です。

ルシノール(ルシノール®EX)

モミの木から抽出された成分で、メラニンの生成を抑制する効果があります。

ポーラが開発した美白有効成分です。

レチノール

レチノールは美白有効成分ではなく、肌のターンオーバーを促進させるための成分です。

ターンオーバーによってメラニンを肌の外に排出する効果が期待できますが、肌質の弱い方や、既にターンオーバーが早い人は使用を控えたほうが良いでしょう。

👉ほとんどの美白有効成分はこれからできるシミを予防するための成分ですが、既にできてしまったシミを改善したいのであれば、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合されたシミ消しクリームを選ぶといいでしょう。

ポイント② 肌質によってクリームを選ぶべし!

 

シミ消しクリームに含まれている成分は、肌に多少なりとも刺激がある成分ばかりです。

というのも、シミの元であるメラニン色素は、そもそも紫外線から細胞を守るための役割を果たすためにつくられるんですね。

しかし美白成分は、その肌本来が持つ防衛反応に逆らうわけですから、当然肌にとっては異物でしかありません。

そのため、肌質の弱い方が美白効果の高いシミ消しクリームを使うと、肌トラブルを起こしてしまうことも。

不安な方は、美白成分の配合量や濃度が少ないシミ消しクリームかトライしてみることをおすすめします。

👉サンプルやテスター、公式サイトで販売しているトライアルセットなどで試してみるのもひとつの手ですよ♪

シミ消しクリームが効くシミとは

いくら口コミ評価が高く、配合成分が優れていても、シミによっては全く効果が感じられないものもあります。

最後に、毎日のお手入れで改善できるシミ・改善できないシミをご紹介していきましょう。

シミ消しクリームがかなり有効なシミ

シミ消しクリームが特に有効なのは「老人性色素班」「炎症後色素沈着」というタイプのシミ。

どんなシミなのか詳しく見ていきましょう。

老人性色素班

老人性色素班 日光性黒子 シミ

老人性色素班は、別名・日光性黒子とも呼ばれ、主に紫外線の影響によって発生するシミです。

頬骨など、日差しの当たる箇所にできやすく、大きさや色の濃さもバラバラです。

濃いシミになってしまうと改善が難しくなってしまうため、早めに美白化粧品でケアする必要があります。

ランキング掲載の商品で挙げるとすれば『QuSomeホワイトクリーム1.9』や『ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110』がおすすめです。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着 シミ

炎症後色素沈着はその名の通り、ニキビや虫刺され、ムダ毛の処理などの炎症によるメラニンが沈着されてできるシミです。

気にしすぎて刺激を与えると、さらにシミが濃くなってしまうため、基本的にレーザー治療は厳禁です。

抗炎症作用のある成分と美白有効成分が含まれた化粧品などで改善することができます。

ランキングに掲載されていた商品でいえば、『サエル ホワイトニングクリーム』や『アスタリフト ホワイトクリーム』などが有効です。

シミ消しクリームで改善できる可能性のあるシミ

次に、かなり有効!…というわけでもありませんが、長期でお手入れすることによって改善できるシミをご紹介しましょう。

そばかす(雀卵斑)

そばかす 雀卵斑

遺伝的な要因でできることが多く、鼻から頬にかけて小さな点状のシミが見られるのが特徴です。

幼少期から思春期にかけてできやすく、紫外線によって濃くなることも。

基本的にはレーザーでの治療がおすすめですが、口コミランキングに掲載されていた『フレキュレル』はそばかすに対応したシミ消しクリームですから、使ってみる価値アリですね!

肝斑

肝斑 シミ

紫外線やホルモンバランスの影響によって発生するシミで、特に妊娠時・ピル(経口避妊薬)服用時・更年期などにできやすいと言われています。

頬骨あたりに左右対称にでき、ぼんやりと広がるケースが多いのが特徴です。

トラネキサム酸が効果的なので、ランキング掲載されていた『HAKU メラノフォーカスV』がケアに適しているといえますが、口コミの中では『ホワイトショット』が効果的だったとの声も。

いずれにせよ、すぐ改善できるものではないので、ひとつの美白化粧品をコツコツと続けていくことが重要です。

シミ消しクリームで改善しにくいシミ

一方で、美白化粧品での改善がほぼ見込まないシミは以下のシミ。

脂漏性角化症

脂漏性角化症

皮膚の老化と紫外線の影響によってできるシミで、別名・年寄りイボと呼ばれています。

その名の通り、イボのように盛り上がっているのが大半で、ほくろと見間違えてしまうことも。

美白化粧品の効果はほぼ見込めないため、改善するためにはレーザー治療が必要となります。

 

まとめ

コンシーラーやファンデーションを毎回厚塗りしてシミを隠すのって本当に面倒ですよね。

今回は口コミで評判の高いシミ消しクリームをご紹介致しましたが、いずれの商品も使って1日2日でシミが消える商品ではありません。

コツコツ続けてケアしていくことがシミ改善への近道ですから、自分の肌に合った美白有効成分を把握して、ゆっくりとシミを治していきましょう!