シミ消しクリームといえばハイドロキノン!効果や副作用・トレチノインやレチノールとの併用について

お肌の漂白剤と言われるハイドロキノンの美白効果は、ホワイトニングケア用品に含まれている美白成分の100倍なんだとか。

しかし、美白効果といっても、具体的にはどんな効果があるのか謎ですよね?しかも、それだけ効果があるってことは、副作用もあるのでは…。そんな疑問だらけの美白成分・ハイドロキノンについて今回は解説していきたいと思います!

シミができるメカニズム

 

ハイドロキノンについて解説する前に、まずはシミができるメカニズムをお勉強しましょう。

紫外線や化粧品などによって肌に刺激が与えられると、体内にあるメラノサイトというシミをつくる工場から「メラニンをつくれ!」という指示が出されます。

この指示によって作り出されたメラニンは、通常なら肌のターンオーバー(生まれ変わり)とともに垢となって剥がれ落ちるのですが、問題なのはメラニンが過剰に作り出されてしまったときです。

肌のターンオーバーと生成されたメラニンのバランスが崩れてしまうと、肌の外に排出されなかったメラニンが、シミとして肌に残ってしまいます。

ですからメラニンの過剰生成を防ぐには、まず肌を外部の刺激から守ること!これがシミ予防の絶対条件となります。

ハイドロキノンって何?効果や副作用は?

日本ではまだまだ認知度の低いハイドロキノン。しかし、アメリカをはじめとする海外のコスメでは、割とポピュラーな美白有効成分として使われているんですよ★

ハイドロキノンの効果

美白化粧品に含まれている美白成分のほとんどは、メラニンの生成指令を止めたり、メラノサイトの働きを抑えたりする成分なので、既にできてしまったシミにはあまり効果が見込めません(長期で使用するとシミが薄くなることはありますが)。

しかし、ハイドロキノンはシミを予防するだけではなく、既にできてしまったシミへも効果が期待できるんです!

ハイドロキノンの効果・用途

メラニンの生成を抑える メラニンを生成する酵素(チロシナーゼ)の働きと、メラノサイトの働きを抑制する
メラニンの色素を薄くする ハイドロキノンの還元作用によって、黒く酸化したメラニンの色を薄くする

もともとハイドロキノンは写真の現像に使用する還元剤や、ゴムの酸化防止剤として使われていました。しかし、写真の現像を行う職人の手が白くなったことから、その効果が発見できたのだそうです。それ以来、美容先進国であるアメリカが色素沈着やダークスポット(シミ)を改善するための治療薬に使ってきたのだとか。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは肌への刺激が強く、以前は医師の処方がないと、日本では使うことができない成分でした。

日本の化粧品にハイドロキノンが使われるようになったのは、2001年に薬事法が改正されてから。ただし、使えるようになったといっても、厚生労働省が許可した配合量は2%までです。

そういった感じでハイドロキノンは注意事項が多い成分ですから、当然副作用が現れることもあります。主な副作用としては、赤みや炎症を起こしたり、肌が必要以上に白くなってしまったり(白斑)といった現象です。

また、ハイドロキノンは光と熱に弱いため、紫外線を浴びるとかえってシミが悪化してしまうことも。美白効果が期待できる分、使用方法にも十分気をつけなくてはいけませんね。

ハイドロキノンが配合されているシミ消しクリーム3選

ハイドロキノンは効果が高い分、恐ろしい副作用があることも分かりましたね。しかし、ここ最近の研究開発によって、日本製のハイドロキノン化粧品は肌に刺激が少ないものが増えてきています。ここで、肌に刺激が少ないハイドロキノン化粧品を厳選してご紹介して参りたいと思います。

※おすすめ度は★5段階で表しています

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

内容量 15g
価格(税込) 6,480円
おすすめ度 ★★★★★

アメリカと日本に本社を構えるビーグレンのシミ消しクリームです。日本人の肌に合わせて開発されているので、肌が敏感な方でもハイドロキノンの効果を実感できる商品です。

ハイドロキノンの配合量は1.9%と少なく感じますが、QuSomeという最新のテクノロジーを駆使しているため、配合量が4%の化粧品と同じぐらいの効果を感じることができますよ♪

紫外線でできてしまったシミだけではなく、ニキビや虫刺されなどの炎症によってできてしまったシミ、ホルモンバランスの崩れによってできてしまった肝斑などにも効果アリ!数あるシミ消しクリームの中でも特におすすめしたい商品です!

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

内容量 11ml
価格(税込) 10,800円
おすすめ度 ★★★★

こちらの化粧品は何とハイドロキノンが4%も配合されているんです!でもご安心ください。新安定型のハイドロキノンを配合しているので、肌への刺激は大幅ダウン!さらに、通常のハイドロキノンよりも熱や光に強い構造となっています。

値段は少々お高めですが、頑固なシミをケアしたい方は、絶対これがおすすめ♪

ロート製薬 オバジ ブライトニングセラム

内容量 10g
価格(税込) 9,720円
おすすめ度 ★★★

オバジ独自のハイドロキノンを配合した、夜用シミ消し美容液です。日中、紫外線などによって受けた肌ダメージを修復するミクロコッカス溶解液や、ジオウ根エキスなどが配合されているのも嬉しいポイントですね。

ハイドロキノンはトレチノインと併用しても大丈夫?

ハイドロキノンだけでも肌への効果は絶大ですが、他の成分と併用しても問題はないのでしょうか?最後に、ハイドロキノンと併用しても大丈夫?とよく聞かれる成分、トレチノインとの相性についてお話しましょう。

トレチノインとは

トレチノインは、ビタミンA(別名・レチノール)の誘導体です。

皮膚に対する働きとしては、古い角質を剥がしたり、肌のターンオーバーを促進させたりします。また、肌のハリや弾力を保つ上でも役に立つ物質です。

基本的には医師の処方により、治療薬として出されている成分ですが、海外で販売しているクリームにも含まれていることがあります。

トレチノインとハイドロキノンの併用は可能?

結論から言いますと、トレチノインはハイドロキノンと併用可能です!

トレチノインが肌のターンオーバーを促進させ、ハイドロキノンがメラニンを還元するので、ハイドロキノンを単品で使用するよりもシミへの効果が期待できます。

しかし、敏感肌の方は既に肌のターンオーバーが早く、トレチノインを使うことによって未熟な肌細胞がどんどん角層に上がってきてしまう為、使用は控えた方が良いでしょう。

シミを一刻も早く改善したい!ハイドロキノンとトレチノインを併用したい!という方は、まず担当医に一度相談してみるといいと思います。

まとめ

美白有効成分の約100倍の効果を出すハイドロキノン。しかし、肌の漂白剤と言われるだけに、使用する上では十分に注意しなくてはいけません。シミを治したかったのに、かえって肌が悪化してしまった…。そんな事態にならないためにも、日本製の肌にやさしいハイドロキノン化粧品を使う、もしくは担当医に相談した上で使用するのが一番だと思います。

美は1日にしてならず。自分の肌状態を見ながらシミのケアを行っていきましょう。