皮膚科で処方されるシミ消しクリームの価格や効果・副作用は?

シミに効く美白有効成分といえば、ハイドロキノンが有名ですね。

2001年に薬事法が改正されて以来、美白化粧品にハイドロキノンが配合されることも多くなりました。しかし、ハイドロキノン入りの化粧品はどれもこれもややお高め…。

同じぐらいの価格であれば、皮膚科で専門医に処方してもらった方が、なんとな~く効果を期待できますよね。というわけで、今回は皮膚科で処方されるシミ消しクリームの価格や効果・副作用などを調査してきました。

シミができる原因やシミの種類は?

皮膚科で処方されるシミ消しクリームをご紹介する前に、シミができる原因や、シミの種類を勉強していきましょう。

シミができる原因とは?

シミの原因は様々ですが、大きな要因は紫外線の影響によるものです。

肌が紫外線を浴びると、肌の中で炎症が起き、これによってチロシナーゼという酵素が活性化します。チロシナーゼが活性化すると、シミの元であるメラニンがたくさんつくられ、徐々に肌の表面へ上がってきます。そして、最終的には垢として剥がれ落ちるのですが、あまりにも多くメラニンがつくられると、垢として剥がれられなかったメラニンが肌に留まってしまい、いわゆるシミになってしまうんです。

シミには種類がある

一言にシミと言っても、実はシミっていくつか種類があるってご存知でしたか?

なので、なんでもかんでも美白化粧品を使えばいいってもんじゃないんですよ~。

ここで一旦、シミの種類とお手入れ方法を見ていきましょう。

タイプ 特徴 お手入れ方法
老人性色素班

(日光性黒子)

最も多く見られるシミで、紫外線による影響が強い。加齢によってメラニンが蓄積されることも原因のひとつ 薄いものに関しては美白化粧品でOK。濃いシミは皮膚科で処方されるシミ消しクリームやレーザー治療がおすすめ
雀卵斑

(そばかす)

遺伝的な要因が強く、小さい頃からできることが多い 美白化粧品が効きにくいため、ハイドロキノンなどの効果が強い成分でお手入れすると良い
炎症後色素沈着 ニキビや虫刺されの炎症によってできるシミ 美白化粧品が有効
肝斑 紫外線の影響やホルモンバランスの崩れによってできやすいシミ 皮膚科などで処方される内服薬が効果アリ。美白化粧品で薄くなることもある

美白化粧品に効果が期待できるのは初期の老人性色素班・炎症後色素沈着ぐらいですね。その他はシミ消しクリームを使ったセルフケアか、皮膚科での治療が効果的です。

皮膚科で処方されるシミ消しクリームはどんなもの?

皮膚科では主に【ハイドロキノン】と【トレチノイン】の2つがシミの治療薬として処方されます。

それぞれの役割は、このような感じです↓

ハイドロキノン メラニンの生成を抑え、できてしまったメラニンの色を薄くする
トレチノイン 肌のターンオーバーを促進させる

つまり、体内でつくられたメラニンをトレチノインでどんどん肌の表面に押し上げ、ハイドロキノンでシミの色を薄くするってことですね。

皮膚科で処方されるシミ消しクリームの価格は?

2つのクリームが処方されるわけですから、なんだか価格もそれなりにかかりそうな気がしますよね。そこで、ハイドロキノン・トレチノインを処方している皮膚科をいくつか調査してみました!(平均相場をご紹介する目的ですので、病院名は伏せさせて頂きます)

ハイドロキノン(量/税込価格) トレチノイン(量/税込価格)
病院A 5g/2,600円 5g/2,200円
病院B 5g/2,000円 5g/6,000円
病院C 5g/1,000円 20g/13,000円
病院D 5g/3,000円 8g/3,600円

病院によって処方するシミ消しクリームの価格はバラバラのようですが、中にはオリジナルで製造しているシミ消しクリームを処方している皮膚科や美容クリニックもありました。

ちなみに、どこの皮膚科もシミ消しクリームは保険が適用されないようです。診察料も含めると、結構な価格になってしまいますね。

皮膚科で処方されるシミ消しクリームの効果や副作用は?

冒頭で2001年に薬事法が改正されたことをお伝えしましたが、それにより、医師の処方がなくても化粧品にハイドロキノンを配合できるようになりました。ただし、厚生労働省が認めたハイドロキノンの配合量はわずか2%です。

皮膚科で処方されるシミ消しクリームは、シミを改善するための治療薬になるわけですから、市販品や通販で販売しているシミ消しクリームよりも配合濃度が濃く、高いと言えるでしょう。

しかし効果が期待できる反面、副作用が現れることも。主な副作用は肌の赤み・シミの悪化・白斑(肌が異常に白くなる現象)です。まあ専門医の診断の元、処方されているわけですから、副作用が出る方は、本当にごく稀だと思います。

結局皮膚科で処方されるシミ消しクリームと自分で購入するシミ消しクリーム、どっちがお得で効果的?

シミへの効果を期待するのであれば、やはり皮膚科でシミ消しクリームを処方してもらうのが一番だと思います。

しかし、「少しぐらいシミの改善が遅くなっても大丈夫」「肌が敏感だから不安」「病院に通うのが面倒くさい」という方は、自分で購入したシミ消しクリームを使ってみるのもアリです。

ここ最近のシミ消しクリームは、ハイドロキノンが低刺激性になっているものも多く、肌への浸透力も高まってきていますから、一度トライアルセットなどで、肌の調子を観察してみてもいいかと思います。というわけで、最後に自分で購入できるハイドロキノン入り化粧品をご紹介したいと思います!

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

ラグジュアリーホワイト トライアルキット

内容量

(セット内容)

  • クレンジングミルクN…2包
  • ウォッシングフォームN…2包
  • コンセントレートHQ110…3g
  • ローションAOⅡ…20ml
  • 薬用アクティブフォーミュラ…8ml
  • エマルジョンゲルEX…10g
価格(税込) 1,890円

ハイドロキノン配合化粧品が数種類含まれているトライアルキットです。その中でも注目したいのが美白美容液(シミ消しクリーム)コンセントレートHQ110です。ハイドロキノンを何と4%も配合しています。しかし、現役の皮膚科医が開発した新安定型ハイドロキノンなので、肌への刺激も大幅に軽減されています。

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

内容量

(セット内容)

  • クレイウォッシュ(洗顔料)…15g
  • QuSomeローション(化粧水)…20ml
  • Cセラム(美容液)…5ml
  • QuSomeホワイトクリーム1.9(シミ消しクリーム)…5g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)…7g
価格 1,800円

こちらのトライアルセットに含まれているシミ消しクリーム、QuSomeホワイトクリーム1.9も、肌に刺激の少ないQuSome®化ハイドロキノンが配合されています。浸透力がとにかく高いため、トライアルセットだけでシミが改善されたという驚きの口コミもあったほど。ハイドロキノンを使うのが怖い、肌が弱くて心配、そんな方はこちらから試してみるのがおすすめです。

まとめ

皮膚科ではハイドロキノンとレチノールがメインで処方されますが、調査の結果、病院によってはレチノールの価格がわりと高いことが発覚しました。ですが、やはり2つのクリームを使用することによって、シミへの効果はかなり早く現れてくると思います。

そこまでお金をかけたくない、皮膚科に行くのが面倒くさい、そんな方は自分で購入できるシミ消しクリームを使いましょう。一番のおすすめは何といってもハイドロキノンが配合されているものがいいと思います。最近のハイドロキノン配合クリームは肌への刺激が軽減されているものが多いですから、気になる方は是非トライアルセットで試してみてはいかがでしょうか。