唇にシミ消しクリームは使ってもOK?ホホバオイルが効くって聞いたけど?

シミは頬やこめかみ付近にできやすいと思われがちですが、実は唇にもシミができやすいってご存知でした?

頬やこめかみのシミならばシミ消しクリームで日頃からケアができますが、唇のシミって、シミ消しクリームを使っても大丈夫なのか不安になりますよね。

そんなお悩みを解消すべく、今回は唇のシミにも使えるシミ消しクリームはあるのか調査して参りました!

唇はシミができやすい危険地帯!

シミの原因は、ほとんどが紫外線によるものです。私たちが紫外線を浴びると、皮膚の中で炎症が起こり、体内で「肌を守るためにメラニンをつくれ!」という命令が出されます。

その命令によって、紫外線を防御する黒褐色のメラニンが生成されるわけですが、大半は肌のターンオーバー(生まれ変わり)とともに、垢となって剥がれ落ちます。

しかし、ターンオーバーの速さが追いつかないぐらいメラニンが過剰に作られると、垢となって剥がれ落ちなかったメラニンが肌に残ってしまいます。実はそれこそがシミの正体なんです。

肌の場合は皮脂によって紫外線を多少カバーできますが、唇は皮脂が出ないため、紫外線の影響をモロに受けやすい状態です。そのため、本当は頬やこめかみ以上に唇の紫外線対策を行わなくてはいけません。

唇のシミは紫外線以外でもできる!?

唇は肌よりも角質層が薄く、乾燥しやすいため、紫外線以外のちょっとした刺激でもメラニンが作られやすい状態です。例えば、

  • 食事の際にティッシュやナプキンで何度も口を拭く
  • マスクで唇が擦れる
  • クレンジングや洗顔で唇を擦る

などなど。また、口紅・リップクリーム・歯磨き粉などの化学成分によっても、唇が乾燥したり、炎症を起こしたりしてメラニンが過剰生成されることがあります。

唇にシミ消しクリームは使ってもOK?

シミ消しクリームは即効性のあるものから長期的なケアをするものまで様々ですが、唇に使っても問題ないのでしょうか?

刺激の強いシミ消しクリームはNG!

即効性のあるシミ消しクリームとしては、ハイドロキノンという美白成分が配合されたものがおすすめです。しかしハイドロキノンは効果が高い分、肌への刺激が強いため、唇のシミ消しに使うのはあまりおすすめできません。

もしハイドロキノン配合のシミ消しクリームがお手元にある場合は、一度専門医に相談してから使った方が良いでしょう。

使用するならビタミンC誘導体が配合されたシミ消しクリーム

唇は肌と違ってターンオーバーのスピードが早いため、ハイドロキノン配合のシミ消しクリームを使わなくても、割と簡単にシミを消すことができます。

もし、何かしらシミ消しクリームを使用してシミを早めに治したいのであれば、敏感肌専門ブランド・DECENCIA(ディセンシア)から販売されている「サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト」がおすすめです。

内容量 30g
価格(税抜) 5,000円

この商品は美白有効成分としてビタミンC誘導体が配合されているため、ハイドロキノンほど肌に負担がかかりません。また、保湿効果の高いセラミドナノスフィアを配合しているため、乾燥している唇のケアにも効果が期待できます。

サエルのようなビタミンC誘導体配合商品はまだまだ他にもたくさんあります。詳しくお知りになりたい方は、以下の記事をご参照ください。

シミ消しクリームによく配合されているビタミンC誘導体って何?ちゃんとシミに効くの?

2017.07.28

シミ消しクリームに抵抗がある方はホホバオイルがおすすめ!

肌に使うシミ消しクリームを唇に使うのは何だか不安…という方は、ホホバオイルを唇に塗ってケアしてみてはいかがでしょう?

ホホバオイルは肌の新陳代謝を活発化させて、唇に留まっているメラニンを古い角質と一緒に剥がれ落とす効果があります。しかもオイルなので、唇の保湿までできて一石二鳥♪

ただ、口の中に入ることもありますので、使用するホホバオイルは純正のものを選んだ方がいいかと思います。また、ホホバオイルを塗る際は唇に摩擦を与えないようにやさしく塗って下さいね。

まとめ

肌に塗る化粧品と違って唇に塗る化粧品ってなんだか抵抗がありますよね。

特に、デイリーケア用品ではなく、シミ消しクリームのような普段使わないようなものだともっと抵抗を感じると思います。

しかし唇は乾燥しやすく、シミができやすいため、肌と同じぐらい気合を入れてケアしていかなくてはいけません。一番のおすすめとしては肌の美白ケアと一緒に唇のシミケアもできる「サエル」ですが、抵抗のある方は口に入っても問題のない純正のホホバオイルを使ってケアしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。