ニキビ跡や虫刺され跡にシミ消しクリームは効果アリ?炎症後色素沈着におすすめのシミ消しクリームとは?

「ニキビは治ったはずなのに、肌がいつまでも赤く炎症している」

「虫刺されの跡が未だに残っている」

「ムダ毛の処理を繰り返していたら肌が黒ずんでしまった」

現在、こんな経験をしているみなさんは要注意!ニキビや虫刺され、ムダ毛の処理後などなど、肌が炎症することってよくありますよね。しかし、その炎症跡を放置していると、炎症後色素沈着というシミができやすいってご存知でした?

今回はシミの一種、炎症後色素沈着について詳しく解説するとともに、ニキビ跡や虫刺され跡に効果があるシミ消しクリームをご紹介して参りたいと思います!

シミの原因は紫外線だけではなかった!

シミの原因といえば紫外線の影響が一番ですが、実はニキビや虫刺され、やけど、ムダ毛の処理などによってできることもあるんですよ。

シミが発生するメカニズム

肌が炎症を起こすと、体の中ではメラニンという色素が作り出されます。このメラニンが肌に沈着してしまったものがシミです。

メラニンは、主に紫外線を浴びることによって生成されますが、ニキビや虫刺され、やけど、ムダ毛の処理でも皮膚が炎症し、メラニンが過剰生成されることがあります。

シミのタイプ

一口にシミと言っても、実はいくつかの種類があり、タイプによってできやすい場所や形、大きさなどが異なります。

タイプ 原因・特徴
老人性色素班(日光性黒子) シミの中で最も多いタイプ。紫外線の影響や、加齢によって肌のターンオーバー(生まれ変わり)が遅くなることが原因
雀卵斑(そばかす) 遺伝でできることが多い。幼児期から思春期にかけて目立つことが多い。紫外線の影響で濃くなることも
炎症後色素沈着 ニキビ・虫刺され・やけど・ムダ毛の処理・傷・湿疹・あせもなどによる肌の炎症が原因。肌のターンオーバーが遅いと色素沈着しやすい
肝斑 妊娠や出産によるホルモンバランスの崩れから発症することが多い

紫外線によってできたシミはなかなか治りにくいものですが、炎症後色素沈着は比較的治りやすいと言われています。

だからといってそのままニキビ跡や虫刺され跡を放置していると、治りが遅くなってしまいますし、ひどい場合はシミが悪化してしまうことも。そういった事態を防ぐためにも、早めのケアを行っていきましょう。

ニキビ跡や虫刺され跡に効果のあるシミ消しクリームとは?

炎症後色素沈着もシミの一種ですから、やはり一番効果的なケア方法は何といってもシミ消しクリームを使うことでしょう。しかしニキビ跡や虫刺され跡などは、皮膚の表面も炎症している状態なので、刺激の強い成分が配合されたシミ消しクリームを使うのはちょっぴり危険です。

ではどんな成分が有効かと言いますと、ズバリ!ビタミンC誘導体という成分です。

炎症後色素沈着に欠かせないビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの安定性と吸収率を高めた成分のことを指します。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑えたり、出来上がったメラニンを還元したりする作用があるのですが、何と肌の炎症を抑える抗炎症作用もあるんです!

さらに、炎症によって発生する活性酸素を除去する効果もありますから、炎症後色素沈着にはビタミンC誘導体が欠かせないってわけなんですね♪

ニキビ跡や虫刺され跡におすすめ!炎症後色素沈着に効くシミ消しクリーム

では最後に、ビタミンC誘導体が配合された優秀なシミ消しクリームをご紹介していきましょう。

サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト(ディセンシア)

内容量 30g
価格(税込) 5,400円
有効成分 ビタミンC誘導体・グリチルリチン酸2K

敏感肌専門ブランド・ディセンシアが開発した美白クリームで、ビタミンC誘導体に加え、ニキビなどの炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kを配合しています。保湿効果の高い成分・セラミドナノスフィアも配合しているため、美白有効成分が効きやすい肌質に改善することもできますよ♪

ホワイトショットSX(ポーラ)

内容量 20g
価格(税込) 12,960円
有効成分 ビタミンC誘導体・4-n-ブチルレゾルシン

肌に密着性の高いクリームで、気になる部分にピタッと留まります。ビタミンC誘導体の他にも、メラニンをつくるチロシナーゼという酵素の活性化を抑える4-n-ブチルレゾルシンが配合されているため、これからできるメラニン対策にも効果アリ。

また、同シリーズのホワイトショットRXには抗炎症作用の高いトラネキサム酸が配合されているので、併せて使うとさらに炎症後色素沈着に効きますよ♪

ケシミンクリーム(小林製薬)

内容量 30g
価格(税込) 1,944円
有効成分 ビタミンC誘導体・グリチルレチン酸ステアリル・トコフェノール酢酸エステル

こちらもビタミンC誘導体配合で、さらに抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルを配合しています。シミを完全に消すということは難しいですが、出来て間もないシミには効果が期待できるため、ニキビや虫刺されができたらすぐに使用することをおすすめします。

まとめ

紫外線やホルモンバランスの崩れによってできるシミよりも、比較的改善しやすい炎症後色素沈着。より早い改善を求めるのであれば、メラニンの生成抑制・還元効果のあるビタミンC誘導体が配合されたシミ消しクリームを使いましょう。

また、炎症後色素沈着は対策が早ければ早いほど効果が期待できます。現在ニキビ跡や虫刺され跡に悩んでいる方は、シミが悪化する前に、早めの処置を行っていきましょう。