シミ消しクリームの効果的な使い方とハイドロキノン配合クリームの注意点

「シミ消しクリームを使い始めたのに、一向にシミが改善されない」

「シミ消しクリームを塗っていたら、ますますシミが悪化してしまった」

こんな経験、ありませんか?

シミ消しクリームは、使い方や配合されている美白成分によって、効果の現れ方が変わってきます。いつまで経ってもシミが改善されない!シミが悪化した!そんな方は、シミ消しクリームの使い方や成分に何か問題があるのかもしれません。今回は、正しいシミ消しクリームの使い方について、しっかりと学んでいきましょう。

シミはどうやってできるの?

みなさんは、どうしてシミができるのかご存知ですか?シミ消しクリームの使い方をお勉強する前に、まずはシミができるメカニズムを理解していきましょう。

シミはメラニンの蓄積でできる

シミの原因は様々ですが、ほとんどは紫外線の影響によるものです。

肌が紫外線を浴びると、シミのもと・メラニンをつくるチロシナーゼという酵素が活性化し、メラノサイト(色素形成細胞)というシミ生成工場でだくさんのメラニンをつくり始めます。

そして出来上がったメラニンは、肌のターンオーバー(生まれ変わり)とともに肌の表面へと押し出され、やがて垢として体の外に排出されます。

しかし、メラニンが過剰につくられたり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりすると、メラニンが上手く体の外に排出されなくなり、肌にどんどん蓄積されてしまうんです!

つまり、紫外線によって大量につくられたメラニンが肌に残ってしまったもの、これがシミの正体なんです。

シミの改善はメラニンをつくらせない&ターンオーバーを正常化させること

恐ろしいことに、シミのもとであるメラニンが肌に蓄積されていくと、シミは徐々に濃くなっていきます。

それを食い止めるには、メラニンを過剰生成させないことが絶対条件。また、シミを薄くしたいのであれば、肌のターンオーバーを促し、メラニンを体の外に排出させましょう。

メラニンをつくらせないためには?

メラニンは紫外線から体内の細胞を守るための色素。なので、紫外線を浴びれば浴びるほど、メラニンはたくさんつくられていきます。

メラニンの過剰生成を防ぐには、まず紫外線対策を徹底して行うこと!これが必須です。

肌のターンオーバーを正常化させるには?

肌のターンオーバーは、成人の健康的な肌で約28日が理想です。それより遅くても早くても肌トラブルは起こりやすくなってしまうため、注意しなくてはいけません。

シミの原因は、ほとんどがターンオーバーの遅れですから、ピーリング剤などを使って肌の新陳代謝を促進させてあげるといいでしょう。ただし、敏感肌の方はターンオーバーが早いため、ピーリング剤は逆効果です。

また、敏感肌は紫外線の影響を受けやすく、メラニンがつくられやすい状態なので、シミのケアよりも肌質の改善を先に行っていくことをおすすめします。

シミ消しクリームでシミが改善されない人&悪化する人のための使い方ハウツー

シミ消しクリームは使い方によって全く効果を感じられなかったり、かえってシミが悪化したりするケースもあります。

ここではシミ消しクリームの正しい使い方と、おすすめのシミ消しクリームをご紹介していきましょう。

シミ消しクリームが効かない!その理由は使い方かも?

「シミ消しクリームを使っているのに、全然効果が現れない!」

そのような状態の方は、前項のおさらいをしていきましょう。

シミは、過剰につくられたメラニンが肌に蓄積されている状態

シミの改善は、メラニン生成抑制&ターンオーバーの促進が効果的

肌のターンオーバーは、28日周期が理想的

ざっとこんな感じですかね。つまり、シミ消しクリームを使っても効果が感じられない方は、メラニンの生成が抑えられていないor肌のターンオーバーサイクルが乱れているのが原因ではないかと考えられます。

また、ほとんどのシミ消しクリームは、既にできたシミ(蓄積したメラニン)に対して効くというよりも、これからできるシミのもとを抑えるものなので、効果を感じるまでには時間がかかることを認識しておきましょう。

おすすめのシミ消しクリーム

メラニンの生成を抑えながらターンオーバーを整えたい方には、こちらのシミ消しクリームがおすすめです。

サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

内容量 30g
価格(税込) 5,400円
配合成分 ビタミンC誘導体・ヴァイタサイクルヴェール®・グリチルリチン酸2Kなど

敏感肌専門ブランド・ディセンシアから販売されている美白コスメです。メラニンの生成抑制・還元に効果があるビタミンC誘導体、肌のバリア機能を高めるヴァイタサイクルヴェール®などを配合!

肌のターンオーバーを促進させる成分は含まれていませんが、薄くなった肌を丈夫にし、紫外線から受ける肌ダメージを減らします(紫外線対策は必須)。

シミへの効果が現れるまでは継続的に使用する必要がありますが、乾燥によるくすみや炎症後色素沈着(ニキビ跡などのシミ)には早めの効果を感じられるのでおすすめです★

シミを悪化させないための注意点

一般のシミ消しクリームは、効果が感じられるまで時間がかかります。

そこで、即効性を求める方におすすめなのがハイドロキノン配合のシミ消しクリームです。

ハイドロキノンとは美白成分のひとつで、メラニン生成抑制効果・還元効果があるのですが、その効果が他の成分の10倍~100倍と言われているんです!しかし効果が高い分、肌への刺激も強いので、使用する際は注意しなくてはいけません。ハイドロキノンは使い方を誤ると、シミがかえって悪化したり、肌トラブルを起こしたりすることがあります。

「シミ消しクリームを使ったら、シミが悪化して濃くなった!」

そういった経験をなさった方は、これからハイドロキノン配合クリームの注意点をマスターしていきましょう。

ハイドロキノンの注意点

先程もお話ししたように、ハイドロキノンは肌に刺激が強い成分。そのため、肌の乾燥がひどい方や、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

また、ハイドロキノンは光と熱に弱い成分です。シミを消すための成分なのに、酸化するとシミを悪化させる毒物に変わってしまいます。

しかし、シミへの効果は本当に早く感じることができます。早い方だと、肌のターンオーバーに合わせて1ヵ月でシミがかなり薄くなったそうです。

正しい使い方・注意点の詳細は、こちらの記事に詳しく載っていますから、是非参考になさってくださいね。

おすすめのシミ消しクリーム

ハイドロキノン配合で、シミを早急に改善したい方は、こちらのシミ消しクリームがおすすめです。

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110(アンプルール)

内容量 11ml
価格(税込) 10,800円
配合成分 ハイドロキノン・ムラサキ根エキス・ビザボロールなど

現役の皮膚科医が開発した新安定型ハイドロキノンを配合。マイクロカプセルに閉じ込められたハイドロキノンなので、一般のハイドロキノンよりも光や熱に強く、肌への刺激も軽減されています。

さらに!肌のターンオーバーを促進させるシコンエキス配合なので、一般のシミ消しクリームよりも早く効果を実感することができます。

まとめ

商品の謳い文句に惹かれて、ついつい購入したシミ消しクリーム。

なのにシミは全然消えない、むしろシミが悪化した。そんな方は、配合成分や使い方に問題があるのかもしれません。なかなか思うように効果が現れない場合は、一度配合されている成分や、使用方法・管理方法を見直してみてくださいね。正しい使い方で、にっくきシミを改善していきましょう!