シミ消しクリームによく配合されているビタミンC誘導体って何?ちゃんとシミに効くの?

シミに効く成分といえば、ハイドロキノンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし、ハイドロキノンは肌への刺激が高く、敏感肌さんや乾燥肌さんにはややハードルが高い成分。そんなみなさんにおすすめしたい美白成分がビタミンC誘導体です。

「え~、ビタミンC誘導体って色んな美白化粧品に入っているけどシミにちゃんと効くの?」

そう思っているあなた!ビタミンC誘導体を侮ってはいけませんよ!今回はビタミンC誘導体の効果や種類について解説していきたいと思います!

どうしてシミができるの?

ビタミンC誘導体の効果や種類をお話しする前に、まずはシミがどうしてできるのかお話致しましょう。ここでシミのメカニズムを理解しておくと、後でご紹介するビタミンC誘導体のこともさらに分かりやすくなると思いますよ♪

シミの原因は様々ですが、大半は紫外線を浴びることによって過剰につくられたメラニンが肌に留まってしまうことが原因です。

紫外線は体内の細胞を破壊したり傷つけたりすることがあるため、私たちが紫外線を浴びると、体内ではメラニンという色素がつくられます。

生成されたメラニンは細胞を守りながら、肌のターンオーバーによって少しずつはDなお表面へと押し上げられていきます。

そして最後は垢となり、体の外に排出されていくのですが、メラニンが過剰に生成されると肌に留まってしまうメラニンが現れてシミが徐々にできてしまうんです!

ビタミンC誘導体の効果や種類について

過剰に生成されて蓄積してしまったメラニンは、乱れがちなターンオーバーを促進させることによって体の外に排出することができます。しかし、メラニンが過剰につくられているときにターンオーバーを整えても効果はプラマイゼロですよね。

ですから、シミを改善するためには、メラニンの生成を抑えながらターンオーバーを促進していかなくてはいけません。そこで登場するのがビタミンC誘導体というわけです★

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの効果を安定化させ、肌に浸透しやすくした成分です。

みなさんご存知の美肌成分・ビタミンCは抗酸化作用やメラニン生成抑制などに優れた成分なのですが、肌に浸透しにくく、せっかく化粧品に配合しても効果を十分に発揮できない

という欠点があります。

そこで、リン酸基などの化合物にビタミンCをくっつけて、浸透率を高めた成分がビタミンC誘導体ってわけです。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は肌の内部に浸透すると化合物が外れ、効果を発揮します。

美容効果は以下の通り。

  • メラニンの生成抑制・還元効果…シミに効果アリ!
  • 新陳代謝(ターンオーバー)の促進…シミに効果アリ!
  • 抗酸化作用…シミに効果アリ!
  • コラーゲンの生成
  • 皮脂の過剰分泌を抑制

などなど。美白以外にも様々な効果をもたらしてくれるんです。

ビタミンC誘導体の種類

これだけ肌にいい効果をもたらしてくれるビタミンC誘導体。だんだん使いたくなってきたのではないでしょうか?

ですが、ちょっとお待ちください!ビタミンC誘導体は、多くの美白化粧品に配合されていますが、どれもこれも「ビタミンC誘導体」とは表記されていません。では、ビタミンC誘導体が入っているのか確かめるためにはどうしたら良いのでしょう?

ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性がある

ビタミンC誘導体は、化粧水や美容液に配合されている【水溶性タイプ】と、クリームなどに配合される【油溶性タイプ】があります。さらに、水溶性・油溶性と2つの性質を持つビタミンC誘導体も。というわけで、ビタミンC誘導体配合の化粧品を探すときは、以下の表を是非参考にしてみてくださいね。

水溶性 油溶性 両方の性質
  • リン酸アスコルビル
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ステアリン酸アスコビル
  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APSS)

浸透率の高さは、水溶性(ビタミンCの約8倍)→油溶性(ビタミンCの約20~30倍)→両方の性質を持つパルミチン酸アスコルビルリン酸3N(ビタミンCの約100倍)といった順番です。

ビタミンC誘導体配合のシミ消しクリームを選ぶのであれば、やはり浸透力が少しでも高いものを選んだ方が良いと思います。

ビタミンC誘導体配合!おすすめシミ消しクリームランキング

最後に、ビタミンC誘導体が配合されているシミ消しクリームの中でも、特に私がおすすめしたいアイテムをランキング形式でご紹介したいと思います。

【第1位】サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト(ディセンシア)

内容量 30g
価格(税込) 5,400円
配合しているビタミンC誘導体 アスコルビン酸2-グルコシド

敏感肌専門ブランド・ディセンシアから販売されている美白化粧品ということもあって、肌の保湿ケアをしながらシミのケアをすることができます。さらに、この商品のいいところは、美白成分を効かせる肌作りのサポートをしてくれるところ!

ハイドロキノンに比べると、やはり美白効果は衰えてしまうビタミンC誘導体ですが、サエルは効果の低い美白成分もしっかりと肌に効くようにしてくれる優秀アイテムなんです★

【第2位】Qusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

内容量 15g
価格(税込) 6,480円
配合しているビタミンC誘導体 ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸

メインの美白成分はハイドロキノンですが、ビタミンC誘導体がハイドロキノンをサポートして、より早いシミの改善を目指します。即効性を求めている方におすすめしたいシミ消しクリームです。

【第3位】ケシミンクリーム(小林製薬)

内容量 30g
価格(税込) 1,944円
配合しているビタミンC誘導体 L-アスコルビン酸 2-グルコシド

コスパを抑えてシミのケアをしていきたい方はこれ!抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルも配合しているので、ニキビ跡のケアなんかにも向いていますね。全国のドラッグストアで販売しているので気軽に購入できるところもGOOD!

まとめ

多くの美白化粧品に配合されているため「どうせ使ってもシミに効かない」と思われがちなビタミンC誘導体。しかし、美白成分の中でもここまで様々な美容効果があり、かつ肌に低刺激な成分は、ビタミンC誘導体以外ないと思いますよ!

ハイドロキノン配合のシミ消しクリームが使えないと悩んでいるあなた!今まで侮っていたビタミンC誘導体配合のシミ消しクリームで、根付くシミをやっつけちゃいましょう★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。