肝斑におすすめのシミ消しクリームランキング!肝斑に効く成分とは?

30代~40代の女性に多く見られるシミ「肝斑」。

ファンデーションやコンシーラーを使ってもなかなか隠れてくれない肝斑に、辛い思いをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、肝斑は摩擦によって広がる傾向があるため、化粧をすればするほど、シミが広がっていく恐れがあります。だたでさえ気になるのに、これ以上シミが広がるのは避けたいところですよね。そんなあなたにおすすめしたい、肝斑に効くシミ消しクリームを今回はご紹介して参りたいと思います!

なかなか治らないシミ!?肝斑とは

 

シミの原因は、紫外線によってメラニンが過剰生成されることが多いのですが、肝斑の場合は紫外線の影響ではなく、女性ホルモンの影響が関係していると言われています。まずは肝斑の特徴、原因について詳しく見ていきましょう。

セルフチェック!そのシミは肝斑?

 

左右の頬に、うっすらとしたシミがひろがっているあなたは要注意!もしかすると、そのシミが肝斑かもしれませんよ。最初に、あなたのシミが肝斑かどうかセルフチェックをしてみましょう。

セルフチェック 解説
30~40代にシミができた 肝斑は30~40代にかけて多く見られる。50代以降にできたシミならば、肝斑以外のシミである可能性が高い
シミが左右対称に広がっている 典型的な肝斑は、ほほ骨に沿って左右対称にできることが多い。しかし、目尻や額、顎などできた左右対称のシミも注意が必要
小さくポツンとしたシミではなく、ぼんやりと広がっている 肝斑は紫外線でできるシミやそばかすのようなシミではなく、薄茶色のシミがぼんやり広がって見える
妊娠・更年期・経口避妊薬の服用中などにシミができた 肝斑はホルモンバランスの崩れによって発症しやすいため、女性に多く見られるが、男性も発症することがある
肌に摩擦を与えている 肝斑は洗顔での擦りすぎや、剃刀などの刺激で発症することがある

解説にも記載した通り、肝斑は紫外線ではなく、ホルモンバランスの崩れや肌への摩擦によってできやすいと言われています。しかし、紫外線の影響で悪化することもあるため、日頃から紫外線対策は怠らないようにしましょう。

肝斑は治りにくいシミ!?

シミはいくつかタイプがあり、それぞれ原因や改善策が異なります。

肝斑の場合は、トラネキサム酸という内服薬が最も効果的ですが、止血効果があるため、血栓症の方や血液凝固障害のある方にはおすすめできません。また、ときに食欲不振や吐き気、下痢などの副作用があらわれることもあります。

また、肝斑は摩擦によってますます悪化する恐れがあるので、レーザー治療もあまりおすすめできません(最近では肝斑に対応したレーザー治療も出ているようですが)。

そうなると、一番安心して改善できる方法が美白化粧品やシミ消しクリームでのケアになりますね。しかし、紫外線によってできたシミとは違い、肝斑は改善しづらいシミなので、長期でケアしていかなくてはいけません。

肝斑に有効なシミ消しクリームの選び方

健康に問題のない方は、内服薬を使って肝斑を改善していけますが、副作用が不安な方はシミ消しクリームや美白化粧品を使って肝斑のケアをしていきましょう。

肝斑の改善には、メラニンの生成を抑える作用がある成分と、メラニンの還元をする作用のある成分が配合されたものがおすすめです。

では、肝斑に効果的な作用を持つ成分を見ていきましょう。

成分 特徴
ハイドロキノン 皮膚科で肝斑の治療をする際にも処方されることが多い成分。お肌の漂白剤と呼ばれるほど効果が高く、その分肌への刺激も強い成分。メラニン生成抑制・還元効果が高く、既にできたシミにも働きかける力を持つ
ビタミンC誘導体 壊れやすいビタミンCを安定化させた成分で、メラニン生成抑制・還元だけではなく、肌の新陳代謝を促進させる効果や皮脂の過剰分泌を抑える効果がある
トラネキサム酸 肝斑の場合は内服薬として用いられることが多いが、抗炎症作用に優れていて、メラニンの生成を抑える力があるため、外服薬としても効果が期待できる
アルブチン メラニンを生成するチロシナーゼという酵素の活性化を抑える成分。ハイドロキノン誘導体で、濃度が高いと肌に刺激を与えることもある。

最近の日本で開発されているハイドロキノン化粧品は、肌への刺激が低く安定して効果を発揮できるものが多いようです。しかし、乾燥がひどい肌の方や敏感肌の方はハイドロキノンではなく、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸でシミのケアを行っていくことをおすすめします。

肝斑におすすめのシミ消しクリームランキングBEST3

では最後に、肝斑に効果的なシミ消しクリームをランキング形式で発表していきたいと思います。

【第1位】Qusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

内容量 15g
価格(税込) 6,480円
特徴のある成分 Qusomeハイドロキノン(メラニン生成抑制・還元)

ビタミンC誘導体(メラニン生成抑制・還元)

βホワイト(メラニン生成抑制)

おすすめポイント→メラニン生成抑制・還元効果のあるハイドロキノン・ビタミンC誘導体を配合しているため、肝斑以外のシミにも効果が期待できるシミ消しクリームです。最大の特徴は、ビーグレン独自のテクノロジー“Qusome®(キューソーム)”。肌馴染みの良い特殊な脂質でハイドロキノンを包み込んでいるので、肌への刺激を軽減しつつ、シミのもとへ的確に成分を届けることができます!

デメリットは?→カプセル化しているハイドロキノンなので、肌への刺激は少ないのですが、肌がひどく乾燥している方や敏感肌の方は刺激を感じることもあります。

【第2位】サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト(ディセンシア)

内容量 30g
価格(税込) 5,400円
特徴のある成分 ビタミンC誘導体(メラニン生成抑制・還元)

ヴァイタサイクルヴェール®(保湿成分)

グリチルリチン酸2K(抗炎症作用)

おすすめポイント→敏感肌専門のブランドが開発したシミ消しクリームなので、肌質を改善しながらシミをケアしていけるのがこの商品の良い点です。肌質を改善するということは、肝斑以外のシミもできにくくなるということ。乾燥に負けない強い肌を目指しながら肝斑の改善をしていきたい方に是非使って頂きたいクリームです。

デメリットは?→刺激が強いハイドロキノンは配合していないため、肌にはやさしいのですが、肝斑の改善には少し時間がかかります。

【第3位】ホワイトショットSX(ポーラ)

内容量 20g
価格(税込) 12,960円
特徴のある成分 ビタミンC誘導体(メラニン生成抑制・還元)

ルシノールEX(メラニン生成抑制)

CSリキッド(保湿・整肌成分)

おすすめポイント→肌が本来持っている力「セルフクリア機能」に着目したシミ消しクリームで、成分自体がシミをアタックするのではなく、肌自らが肝斑を改善しようとする力を高めます。それによって肝斑以外のシミも同時進行で改善・予防することが可能。シミやくすみなど、全ての美白ケアを行っていきたい方に向いています。

デメリットは?シミ消しクリームの中でも価格がやや高いので継続して使いにくいという点があります。しかし、長期で使用することによって商品の効果を徐々に実感できるはずですよ。

まとめ

シミには種類があり、その中でも肝斑は特に改善しにくいと言われています。しかし、長期のケアで必ず肝斑は改善できますので、まずは早期でケアをしていくことが大事です。

最も効果が高い改善策は内服薬のトラネキサム酸+ハイドロキノンですが、体の具合によってはトラネキサム酸・ハイドロキノンの副作用を感じることもありますので、低刺激処方されたハイドロキノン化粧品を使ったり、比較的刺激の少ないシミ消しクリームで肝斑と戦っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。