悪い口コミが殺到!?ディセンシア・サエルは美白効果が本当にないのか検証

美白化粧品といえば、刺激に弱い敏感肌・ゆらぎ肌がなかなか手を出しにくいアイテムではないでしょうか。

しかし、敏感肌に向けて開発されたディセンシアのホワイトニングシリーズ「サエル」なら、デリケートな状態のお肌でも、肌トラブルに見舞われることなく美白ケアを行うことができます♪

…と、まあここまでの謳い文句は良いのですが、肝心なのはサエルの美白効果

口コミを見てみると「美白効果が感じられなかった」「シミが多少薄くなると思っていたけど全く変化なし」という厳しい声も見られます。

そこで今回は、サエルの美白効果を徹底検証!美白効果やシミへの変化を感じられない理由を探ってみました。

サエルの美白効果を検証してみた

サエル 美白効果 お試し

サエルを使ってもシミが改善されない、効果を感じられないという口コミが多いので、まずはその口コミが本当かどうか、実際に商品を使って効果を検証してみました。

\今回使った商品はコレ💕/

サエル10日間トライアルセット
内容量
  • 薬用美白化粧水…20ml
  • 薬用美白美容液…10ml
  • 薬用美白クリーム…9g
  • CCクリーム…1回分
価格(税込) 1,480円

👇トライアル使用前の肌サエル トライアル 使用前

筆者肌データ

【肌質】乾燥肌(生理前になると肌が敏感になります)

【肌悩み】シミ、くすみ、カサつき、シワ

【使用前の肌状態】水分量36%/油分量41%

20代後半からだんだんとシミが増え続け、40歳を過ぎた今となってはこんな状態に…!

プラスくすみや乾燥も気になるところですが、果たしてサエルはどれぐらい私のお肌を変えてくれるのでしょうか。

トライアルセットが届いた日から早速、10日間にわたって朝・晩のスキンケアをサエルのみで行ってみました。

👇サエルトライアル10日後サエル トライアル 10日後

ちょっと目元もモザイクが濃いめですが…(笑)

いかがでしょう?写真で比較すると、若干くすみが抜けて肌のトーンがアップしたような…?

肌チェッカーを使って測定してみたところ、

水分量が36%→57%、油分量が41%→34%に変化

まあ正直、見た目は劇的な変化を感じられませんでしたが、わずか10日間でこれだけ肌の水分量がかなりアップしたことにはかなり驚きました。

検証の結果、サエルは確かに口コミ通り、10日間でシミを改善することができませんでした。

しかし、肌のトーンは多少なりとも変化があったので、その後さらにサエルを続けてみることに。すると…

👇サエル使用半年後アヤナス 使用 半年後

何とあれだけ目立っていたシミやくすみが半年間でここまでキレイに…💓

すっぴんではさすがに歩けませんが、メイクをすればかなりシミ・くすみを誤魔化せます!(笑)

サエル 半年後 変化

肌のカサつきもだいぶ軽減されて、ハリもアップ!

半年間でかなり見た目年齢がグッと下がりました♪

そんなわけで、サエルに美白効果がないという噂はデマ!

10日間という短い期間では確かに効果を実感できませんが、続けて使えばキチンと変化を感じられますよ♪

『サエルで美白効果が感じられない』口コミが多いのはなぜ?

今回の検証で、サエルは続けて使えば、キチンと美白効果を実感できるということがわかりました。

おそらくシミやくすみへの変化が実感できなかったのは、使用期間が短いためでしょう。

そもそも、短期間で美白効果を期待できる成分(ハイドロキノンなど)は肌に刺激がとても強いため、敏感肌向けのサエルには配合されておりません。

サエルは肌がデリケートな方でも年中安心して美白ケアができるような設計になっています。

また、紫外線などでできたシミは、過剰に生成されたメラニンが蓄積されていることが原因ですから、シミを肌の外に排出するにはまずメラニンの生成を抑制し、その後肌に蓄積されたメラニンを排出していく必要があります。

この肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は、健康的なお肌でも約28日周期で行われます。

つまりこの流れを考えると、10日間でシミに変化を実感できないのは当然なんです。

美白化粧品で改善できないシミもある

さらに、シミには美白化粧品で改善されるシミと、改善されないシミがあるってご存知でしたか?

シミの種類 シミの原因と美白化粧品の有効度
老人性色素班老人性色素班
(日光性黒子)

紫外線などの影響によるメラニンの過剰生成が原因。

薄いシミなら短期間でも効果的だが、濃いシミは長期でのケアが必要。

雀卵斑 そばかす雀卵斑
(そばかす)

遺伝でできるケースが多く、メラニンが過剰生成されやすい状態。

美白成分が効きにくく、長期でのお手入れが必要。

炎症後色素沈着炎症後色素沈着

ニキビ跡や虫刺されによってできるシミで、抗炎症作用が配合されている美白化粧品がかなり有効。

通常の美白化粧品でも効果的。

肝斑肝斑

妊娠や更年期などによるホルモンバランスの崩れで発生しやすいシミ。

皮膚科で処方される内服薬が一番効果的で、美白化粧品では長期のお手入れが必要となる。

基本的に、紫外線を浴び続けて濃くなってしまったシミや遺伝で発生したシミは美白化粧品が効きにくいと認識しておきましょう。

なお、脂漏性角化症や花弁性色素斑などのシミができてしまった場合は美白化粧品を使ってもほぼ改善は見込めません。

サエルでシミ・くすみへの変化をいち早く実感できるのは、老人性色素斑と炎症後色素沈着です。

続けるほどに実感!まずはサエルを試してみよう

「美白効果がイマイチ実感できなかった」「シミに効かない」という口コミが寄せられているサエルですが、一方でこんな口コミも見かけます。

ずっと敏感肌で悩んでいたのですが、最近は年齢も重なってシミやくすみも悩みの種でした。。

雑誌でサエルを知って、とは言え敏感肌でいきなり美白スキンケアは勇気がいるので、トライアルセットを購入。

結果は想像以上 !!まず敏感肌の調子がかなり良く、ゆらがなくなりました!

さらに気になるシミやくすみも薄くなって。。。こんなイイトコどりの敏感肌ケアあるんだ?!と大感動です。

こちらはライン使いで化粧水、美容液、クリームで使用しています。

どれの効果かはわかりませんが、確実に全体のトーンアップ、シミが薄くなり、美白効果が現れています。

また、私は生理前になるといつも肌荒れやニキビができて悩んでいましたが、サエルに変えてからどういうわけかそういった肌トラブルがなくなりました。

今も何の問題もなく、私にはあっていたようです。美白ケアをしたいけど敏感肌で美白コスメが使えないという方には本当にお勧めしたい商品です。

このように、使い続けている人は大半がサエルの効果を実感している模様。

実際私もシミ・くすみが薄くなったので、使ってみる価値は十分にあると思いますよ。

まとめ

サエルは敏感肌向けにつくられた美白化粧品なので、即効性が高い(=刺激の強い)成分は含まれておりません。

それ故に、効果を実感するまでには一般の美白化粧品よりも少し時間がかかってしまいます。

即効性を求める方にはあまりおすすめできませんが、敏感肌さんが年中使える設計にしてあるので、肌質改善と美白ケアを同時に行っていきたい方にはピッタリの商品です。

今まで敏感肌だからという理由で美白ケアを諦めていたみなさん、是非サエルで憧れの透明美肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。