ビーグレン・QuSomeホワイトクリーム1.9の成分(QuSome®化ハイドロキノン)はシミに効果アリ?

シミへの効果が非常に高い成分と言えば、ハイドロキノンをイメージする方も多いのではないでしょうか。

しかし、ハイドロキノンは効果が高いぶん肌への刺激も強く、さらに光や熱で酸化しやすいため、取り扱いがかなり面倒な成分なんですよね。

そこで今回おすすめしたいのが、他社が配合しているハイドロキノンとは一味違う、QuSome®化ハイドロキノンを配合しているビーグレン・QuSomeホワイトクリーム1.9です。この商品に配合されているQuSome®化ハイドロキノンとは一体どんなものなのか、そしてシミへの効果はあるのか、謎を解明していきたいと思います!

シミのもと・メラニンにアタックするハイドロキノン

みなさんはなぜシミができるのか考えたことはありますか?シミの原因がわからない、気が付いたら何となくできていた、そんなんじゃせっかくシミを改善しても、また新たなシミが出てきちゃいますよ!まずはシミができる原因、そしてハイドロキノンとは何か学んでいきましょう。

シミの正体は蓄積したメラニン

私たちが紫外線を浴びているとき、実は肌の中で炎症が起こっているってご存知でした?紫外線は体内の細胞を傷つけたり、コラーゲン繊維などを変性させたりする厄介な存在(ビタミンDの生成や殺菌効果などのメリットもありますが…)。メラニンはそんな紫外線から体内を守るための色素なんです!

紫外線を浴びるとメラノサイト(色素形成細胞)でメラニンが作り出されます。そして日傘のように紫外線から細胞を守り、やがて肌のターンオーバーによって体の外に排出されます。

ところが紫外線を浴び続けてメラニンが過剰に生成されると、ターンオーバーとのバランスが悪くなり、外に排出されなかったメラニンが肌の表面に留まってしまうんです。というわけでシミの正体は、外に排出されず肌に蓄積してしまったメラニンってわけなんですね~。

メラニンに直接アタック!ハイドロキノン

一般的な美白化粧品は、メラニンの生成を防ぐためにつくられているものが多いため、既にできたシミにはあまり効果を期待できません。では、シミができたらどうしたらいいのでしょう?ほとんどの皮膚科や美容クリニックでは、“ハイドロキノン”という成分を使ってシミの改善を行っています。

ハイドロキノンとは、メラニンの生成を抑えたり、蓄積されたメラニンを還元したりする作用がある美白成分です。美白成分の中でも特に効果が高く、お肌の漂白剤と呼ばれているほどですが、肌への刺激も強いので、肌状態によっては赤みや白斑などの副作用を起こすことも。また、熱や光で参加しやすいため、取り扱いにも注意が必要な成分です。

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているQuSome®化ハイドロキノンとは?

さてさて、今回ご紹介するビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9も、先程お話ししたハイドロキノンが配合されています。

しかし!冒頭でも伝えた通り、QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、他社化粧品が扱っているハイドロキノンと少し違うんです。それは、ビーグレン独自のQuSome®テクノロジーに秘密が隠されています★

QuSome®(キューソーム)とは?

QuSome®はビーグレンの最高研究責任者であるブライアン・ケラー氏によって開発されたテクノロジーです。特殊な脂質をカプセル化し、成分を閉じ込めることで、水溶性の成分や肌に刺激のある成分もしっかりと肌の奥(角層深部)に届けることができるそうです。

この技術を利用してつくられたのが、QuSome®化ハイドロキノン。肌への刺激を軽減し、シミが気になる箇所へ的確に成分を届けることができます。

↑通常の成分とQuSome®化した成分の浸透率の違いです。カプセル化することによって、肌の奥まで成分が浸透していることが分かりますね。

QuSomeホワイトクリーム1.9 VS 他社ハイドロキノン配合クリーム

では最後に、QuSome®化したハイドロキノンがどれぐらいの効果を発揮してくれるのか、他社のハイドロキノン配合クリームと比較してみました。

今回使った商品はこちら↓↓↓

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

内容量

(セット内容)

  • クレイウォッシュ(洗顔料)…15g
  • QuSomeローション(化粧水)…20ml
  • Cセラム(美容液)…5ml
  • QuSomeホワイトクリーム1.9(シミ消しクリーム)…5g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)…7g
価格

1,800円

肌に合わなかった場合は返品・返金保証がついているので、気軽に試せていいですね♪

私はまだシミが少ないため、今回は母の肌をお借りしてビーグレンのトライアルセットと他社のハイドロキノン配合化粧品を比べてもらいました。

 

母の感想レビュー)昔からの濃いシミだからか、どちらのクリームもシミへの変化はなかったけど、こっち(QuSomeホワイトクリーム1.9)の方がぴりぴりしない。もう一つの化粧品は少し保湿力が足りなくて後から痒くなった。ピンポイントで塗るならコスパもいいし、私はこっち(QuSomeホワイトクリーム1.9)派。

 

私の母は肌の乾燥がひどく、化粧品でたまに肌荒れを起こしていましたが、QuSomeホワイトクリーム1.9は何事もなく使えていたので、かなり刺激が抑えられているんだなぁと思いました。やっぱり、ハイドロキノンで即効シミ改善をしたい方にはかなりおすすめですよ!でも、もし心配な方は、先程紹介したトライアルセットでまずは様子を見てみてくださいね。

まとめ

シミに効果的な成分でおなじみのハイドロキノンですが、ここまで刺激を抑えて浸透力を高めたシミ消しクリームは他にないと思います。肌の状態にもよりますが、大半の方は安心してシミのケアができますので、まずはトライアルセットで使い心地や成分との相性を確かめてみてください。最新のテクノロジーにきっとあなたも驚くはずですよ。