グリセリンは敏感肌やアトピー肌に使ってもOK?成分効果や手作り化粧水の注意点をまるっと解説!

「いつも使っていた化粧水が合わなくなってきた」

「はじめて使った化粧水で肌がかぶれてしまった」

「保湿成分配合と記載されているのに、使ったらピリピリしてきた…」

敏感肌のみなさんにとって、自分の肌に合う化粧水探しは本当に大変ですよね。

最近は化粧水ジプシーを続けた末に、水とグリセリンを使った手作りの化粧水を使う敏感肌さんも多いよう。

しかし、みなさんはちゃんとグリセリンの特徴や効果を理解して使っていますか?

何も知らずにそのままグリセリンを使っていると、肌が余計悪化しちゃうかも!

…ということで、今回はグリセリンという成分について、正しい知識をつけていきましょう。

敏感肌について理解を深めよう

グリセリンについて学ぶ前に、敏感肌とはどんな肌質なのか、サラっとおさらいしていきましょう。

症状

  • スキンケアアイテムを使うと痒くなったり、赤みが出たりする
  • 長時間外にいると湿疹ができる
  • 空気が乾燥すると肌が粉吹きイモのようにカサカサする

敏感肌はこのように、人によって症状が様々です。なぜかと言いますと、敏感肌は医学用語に存在しない言葉だからです。そのため、敏感肌は明確な定義がありません。

人によって敏感肌の捉え方も異なりますが、一般的にはちょっとした刺激にも反応しやすいデリケートな肌質のことを敏感肌と呼んでいます。

原因

前述の通り、人によって症状が違う敏感肌ですが、原因はみんな一緒なんです。

敏感肌の原因は、ズバリ“肌のバリア機能が低下している”ということ。

バリア機能って?

バリア機能 細胞間脂質 天然保湿因子 皮脂膜

私たちは、皮膚表面の角層に存在する天然保湿因子・皮脂膜・細胞間脂質という3つのうるおいトリオによって、常に肌をバリアしてもらっています。

しかし、これらが間違ったスキンケアによって減少したり、不規則な生活によってつくられなかったりすると、バリア機能が衰え、外敵の侵入や攻撃を受けやすくなってしまうのです。

改善策

うるおいトリオの不足がバリア機能の低下に繋がるわけですから、一番の改善策は何と言っても肌にうるおいを取り戻すことでしょう。

そのためにはまず、日常のスキンケア方法や生活習慣を見直してみる必要がありますね。

特に20~30代の敏感肌は間違ったスキンケアが原因であることが多いので、今一度、化粧品の使い方や内容成分を再確認してみるといいと思います。

グリセリンとは

では今回のメイン、グリセリンについてお話していきましょう。

いつも化粧品の内容成分をチェックしている方ならご存知かと思いますが、グリセリンって結構いろんな化粧品に入っているんですよね。…ということは、そこまで肌に害はないってことなのでしょうか。まずはグリセリンの基本情報からお勉強していきましょう。

使う目的は?

グリセリンは吸湿性がある無色透明の水溶性成分で、化粧品には主に保湿剤として配合されています。

また、グリセリンは化粧品以外でも使用されています。例えば、医療現場で心筋梗塞の薬(ニトログリセリン)の材料として用いられたり、ほのかな甘みがあることから甘味料として食品に用いられたり。

私たちの知らないところでグリセリンは広く活躍しているんですね。

何からできているの?

グリセリンは植物由来の天然グリセリンと、石油由来の合成グリセリンの2つに大きく分類されます。

天然グリセリン パームやヤシなどの油脂を分解してつくるグリセリン
合成グリセリン 石油パラフィンを分解してつくるグリセリン

化粧品の多くは、肌に良さそうなイメージの天然グリセリンを配合しています。しかし、実際は合成グリセリンの方が天然グリセリンよりも純度が高く、医療現場では当たり前のように合成グリセリンが使われています。

体に害はあるの?

さてさて、気になるのがグリセリンの安全性。

結論から言いますと、グリセリンは特に害がありません!というのも、グリセリンは私たちの体内に中性脂肪として存在しているからです。

グリセリンは脂肪酸とくっついて中性脂肪となり、必要に応じて体のエネルギーとなりますが、普段は皮下や筋肉などに中性脂肪としてひっそりと存在しています。

さらにグリセリンは、肌の善玉菌である表皮ブドウ球菌が皮脂を食べることによっても排出されます。この排出されたグリセリンは肌を弱酸性に保ち、お肌のうるおいを守る効果があるんですよ♪

そんなわけで、グリセリンが体に悪影響を及ぼすことはありませんのでご安心くださいね。

敏感肌は濃度に注意!

グリセリンが体に害のないことは確かですが、敏感肌の方が使う際は一点注意が必要です。

それは、グリセリンの濃度を高くしすぎないこと。

グリセリンは先程お話した通り、吸湿性のある成分です。そのため湿度に左右されやすく、乾燥した環境で高濃度のグリセリン使うと、肌の水分を奪われることがあります。敏感肌にとって肌の乾燥は致命的ですから、グリセリンを使うときは濃度に気をつけましょう。

市販品化粧水<手作り化粧水!?

グリセリンが体に害がないことは分かりましたが、もうひとつみなさんにお伝えしなくてはいけないことが…。それは、ドラッグストアなどで購入できる大量生産された化粧水は、水・グリセリン・防腐剤でつくられたものがほとんどだということです!

もちろん、美白やアンチエイジングに効果のある有効成分は何かしら入っているのですが、ほんのわずかな量しか配合されていない商品が割と多いんですよね。

でも、そんな商品にお金を払うよりだったら、自分で作った方が早いと思いませんか?というわけで、最後にオリジナル化粧水の作り方と、使用する際の注意点をご紹介したいと思います!

基本的な化粧水の作り方

【用意するもの】

  • 清潔な容器
  • グリセリン

手作り化粧水は菌が繁殖しやすいので、1週間以内で使いきれる程度につくるのがベスト。

私のおすすめは100円ショップなどで販売している100ml以下の容器です。霧吹きタイプのものが特に使いやすいですよ♪

そして材料ですが、水は水道水よりもミネラルウォーターか精製水を使った方がいいでしょう。手元になければ水道水でも構いません。

グリセリンは薬局やドラッグストアなどで購入可能です。

 
商品名  グリセリン
メーカー名  健栄製薬
内容量  50ml/100ml/500ml
価格  470円/580円/1,280円(全て税抜価格)

【作り方】

水とグリセリンを混ぜ合わせるだけ!以上です。ただし、ここで注意点が。

何度も言うように、グリセリンは吸湿性のある成分です。濃度が濃いと空気中の水分だけではなく、肌の水分も奪ってしまうので、配合量に気をつけましょう。手作り化粧水をはじめて作る方は、2~5%の配合量から始めてみるといいと思います。

美容成分配合で自分の肌に合った化粧水を作ろう

基本の作り方をマスターしたら、美容成分を配合してもいいですね。おすすめの原料をいくつかご紹介致しますので、参考にしてみてくださいね。

原料名 配合量 効果・注意点など 向いている人
ヒアルロン酸 1~5% 保湿効果が高く、グリセリンと相性が良い。
  • 敏感肌・乾燥肌の人
  • 保湿力がもっとほしい人
尿素 1~3% 乾燥を防ぎ、硬くなった肌をやわらかくする
  • 乾燥肌の人
クエン酸 5~10% 肌のpH値を調整し、肌を弱酸性に保つ。また、毛穴を引き締める効果もある
  • くすみが気になる人
  • 毛穴の開きが気になる人

 

はちみつ 5~10% 保湿効果・殺菌効果が期待できる。配合する際はエタノールで溶かす
  • 乾燥肌の人
  • ニキビが気になる人
にがり 1~3% 古くなった角質を剥がしやすくする(ピーリング作用)
  • 肌がゴワゴワしている人
  • 水だけ洗顔が多い人
精油

(エッセンシャルオイル)

5~10% リラックス効果がある。ただし、柑橘系のオイルはシミなどができやすいので注意が必要
  • 普通肌の人
  • 自分好みの化粧水をつくりたい人
エタノール 1~5% 使用感がさっぱりとする。防腐剤効果もある
  • 脂性肌の人

肌が弱い方は配合量を最小限にしてくださいね。また、成分同士の相性もありますから、あれもこれもと、色々混ぜてしまうのはおすすめできません。

使用するときの注意点

手作り化粧水は完成しましたか?では早速今日から使ってみましょう。

ここで注意したいポイントは、化粧水に使い方についてです。どんな点に気をつけたらよいのか見ていきましょう。

使用期間はお早めに!

作り方を紹介する際にもお話しましたが、手作り化粧水は防腐剤が入っていないため、菌が繁殖するのがとっても早い状態です。食べ物と同じだと思って、腐る前に使い切っちゃいましょう!ちなみに常温よりも、冷蔵庫で保管することをおすすめします。

使う際は叩かない!

市販品の化粧水も、手作りの化粧水も、使い方は同じです。手の平で少しあたため、肌をつつみこむようにハンドプレスするのが基本。コットンを使ったり、手でパタパタ叩いたりするのは控えましょう。

保湿はワセリンがおすすめ!

手作り化粧水で肌にうるおいを与えたら、水分が逃げないようにフタをしなくてはいけません。

乳液やクリームを使うのもいいのですが、敏感肌さんには何といってもワセリンがおすすめ。ワセリンは皮膚科でも処方される保湿剤で、肌の保湿をカバーする働きがあります。使用感は少しベタつきを感じますが、肌への刺激はほとんどありませんよ。

まとめ

グリセリンは体に害のない保湿成分のひとつであることから、たくさんの化粧品に含まれています。しかし、体に害がないからといって濃度を高くしてしまうのは危険です。ますます肌が乾燥することもあり得ますから、オリジナルで化粧水をつくる際は配合量に十分気をつけてくださいね。

あなたもグリセリンが入った手作り化粧水+ワセリンの最強タッグで、乾燥知らずの健康肌を目指してみてはいかがでしょう?