メディプラスゲルが合わない!肌に合わなかった方の口コミと合わない原因を詳しく調査!

敏感肌に悩む開発者が作った、「無添加オールインワン」として知られるメディプラスゲル。

しかしそんな敏感肌向けのメディプラスゲルを試した方の中には、肌に合わず赤みや吹き出物が出てしまったというケースも少なからずあるようです。

せっかく綺麗になりたくて購入したのに、逆に肌が荒れてしまったら悲しいですよね…。

そこで今回は、本来低刺激のはずのメディプラスゲルが合わないと言われている原因は一体なんなのか、体験者の口コミと併せて調査してきたいと思います!

年齢肌のお悩みに効果的!「メディプラスゲル」の特徴とは?

商品名 メディプラスゲル
メーカー 株式会社メディプラス
内容量 180g(約2ヵ月分)
通常価格(税込) 3,996円

メディプラスゲルは、24時間365日、肌を乾かさない商品を取りそろえている株式会社メディプラスから開発されたオールインワンゲルです。

ではまずは本題に入っていく前に、メディプラスゲルの詳しい特徴について見ていきましょう!

1本4役の多機能オールインワン

肌のお手入れは毎日毎日、化粧水から美容液、乳液などと、様々なステップをこなす必要がありますよね。

しかもその行為はただ手間がかかるだけでなく、何度も肌を触る必要があることから、肌に刺激を与えたり、負担をかけてしまったりする可能性が高くなっています。

しかしその点メディプラスゲルは1つ塗るだけで「化粧水・美容液・乳液・クリーム」の4ステップが完了するため、肌への負担を最小限に抑えつつ充実したケアをすることが可能なのです!

エイジングケアにうれしい66種類の美容成分

メディプラスゲルには、密着型ヒアルロン酸や2種類のコラーゲン、ヒト型セラミドなどを中心とした保湿成分が、合計66種類も配合されています。

またその他にも肌そのものに直接アプローチするビタミンCや、植物性のプラセンタなど女性に嬉しい成分が勢ぞろい!

極めつけは美肌温泉として知られる出雲玉造(たまつくり)の温泉水がベースになっているので、お肌のために贅沢なスキンケアをしてあげたいという方にはぴったりなんです♪

お肌にやさしい無添加製法

肌へのダメージに着目したメディプラスゲルはもちろん添加物へのこだわりも強めとなっており、以下7種類の添加物を含まない安全な製法で作られています。

無添加成分
  • ×防腐剤(パラベン、フェキシエタノール)
  • ×アルコール(エタノール)
  • ×石油系界面活性剤
  • ×合成香料
  • ×合成着色料
  • ×鉱物油
  • ×シリコン

オールインワンといえば配合されている成分が多いことから防腐剤や増粘剤といったものも多くなってしまいがちですが、そんな中でこれらの添加物を含んでいないのは流石敏感肌向けオールインワンですね!

成分の面から見た限りでは、メディプラスゲルの安全性はなかなか高いと言えるでしょう。

メディプラスゲルが合わなかった方の口コミは?

保湿成分や肌への負担を考え、強いこだわりの元につくられたメディプラスゲルですが、肌に合わないと感じてしまった方は一体、どのような症状を訴えているのでしょうか?

実際の口コミをいくつか見ていきましょう。

本音の口コミまとめ

では早速、メディプラスゲルを使用して「合わない」と感じた方の口コミをご紹介させていただきます。

※口コミは個人の感想です。商品の効果に関しては個人差があります。

敏感肌でも刺激が無くていいな~と思ってかなり気に入っていたのですが、しばらく使用を続けていたらニキビが出ました…。保湿力や使用感は気に入っていただけに、残念です。(;;)(35歳・女性)
オールインワンの中でもだいぶ評価が高かったので購入してみました。塗ってみるとしっとりもちもちのお肌になって、潤ってる感がある!…のですが、塗ってから少し経つと、頬が赤くなってしまいました。ちょっと怖いのでもう使えないかな。(27歳・女性)
無添加ということで期待していましたが、付けてみたらピリピリとしみるような感覚があって断念。その日が乾燥しすぎていたのかなと思い後日また使用しましたが、それでもだめでした。いくら敏感肌のために作られていても、やっぱり個人差があるみたいです。(42歳・女性)

メディプラスゲルが合わなかった方の中では、ニキビや赤みが出たりヒリヒリ染みてしまったりと、様々な症状があげられているようでした。

ただこういった内容の口コミを投稿しているのはほんの一部の数名だったので、どうやら敏感肌だから合わない、というわけではないようです。

メディプラスゲルが肌に合わない原因とは?

メディプラスゲルの使用で起きてしまった肌トラブルは一つではなく、人によってニキビや赤みなど、症状が異なるようでしたね。

でも本来無添加で低刺激なはずのメディプラスでそんな症状が出てしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

ここからはその気になる原因について、考えられるものをいくつかご紹介していきたいと思います。

肌に合わない成分があった

まず敏感肌の方がメディプラスゲルで肌トラブルを起こしてしまう原因として、一番に考えられるのが「成分と肌の相性」が悪かったということ。

メディプラスゲルの成分はどれも安全性の高いものばかりではありますが、成分の豊富さを考えれば、何かしら相性の悪い成分が入っていても不思議ではありません。

ですから、もし以前使用していた化粧品などで肌が荒れてしまったという経験があるのであれば一度その商品の成分とメディプラスゲルの成分を照らし合わせてみて、自分にどの成分が合わないのかということを探ってみるのが良いでしょう (^^)/!

肌の免疫力が低い時に使用した

私達の肌というのは免疫力が下がってしまうと外部からの刺激を受けやすくなってしまいますので、風邪や不規則な生活などで肌の免疫力が低下してしまっている時に突然新しいものを試すのはNG。

特に女性の場合は生理の前後なども肌トラブルが起きやすくなっているので、そういった時期に突然メディプラスゲルを始めたりすると、かえって肌の状態が悪くなってしまうことが考えられます。

メディプラスゲルを初めて使用する際はなるべく、肌の調子が良い時を狙うのがおすすめです!

まとめ

メディプラスゲルの成分はまさに安全そのものと言っても過言ではないほどですが、実際に試したことのある方の中にはやはり、「肌に合わない」と感じている方がいらっしゃるようでした。

ただそうは言っても、今回私が調査した限りではメディプラスゲルに対して低評価の口コミを投稿している方はほとんど見つからず、多くの女性達が絶賛の声をあげているという印象を受けました。

つまりメディプラスゲルが肌に合わない可能性は、極めて低いということになりますよね!

もちろん個人の肌質によっても使用感などは変わってくるかと思いますが、もし少しでも気になるというのであれば是非、一度試してみることをおすすめします(^^)/