メディプラスゲルの正しい付け方は?使い方・塗り方を徹底追及してみた!

多くの女性誌やメディアなどで紹介され、全国の皮膚科・美容外科にも置かれるほどの人気を誇るメディプラスゲル。

お肌の乾燥や老化、肌荒れなどの様々なお悩みに効果があるとされていますが、正しい使い方をマスターすることでより高い効果を実感することができるってご存知でしたか?

今回は意外と知らないメディプラスゲルの正しい使用方法と、さらに効果的に使うためのちょっとしたアドバイスをご紹介させていただきたいと思います。

忙しい現代女性に大人気!「メディプラスゲル」の特徴

商品名 メディプラスゲル
メーカー 株式会社メディプラス
内容量 180g(約2ヵ月分)
通常価格(税込) 3,996円

数多くのオールインワン化粧品が販売されている中でも特に評価されているメディプラスゲルですが、一体そこまで注目されているのにはどんな理由があるのでしょうか?

まずはメディプラスゲルの詳しい特徴について見ていきましょう。

肌本来の機能をサポートする「湿潤美容」処方

紫外線や乾燥などで硬くなった状態の肌は、どれだけ良い美容成分をとりいれてもその潤いを角質層まで受け入れることができません。

しかしメディプラスゲルは肌を「ほぐす→浸して巡らせる→包み込む」の湿潤美容を叶える成分を配合することで、表面だけでなく奥から潤ったしっとり肌を作り上げることができるオールインワンとなりました。

湿潤美容

  アクアオイルが硬くなった肌をほぐし、美容成分の浸透をサポート。
[アクアオイル]

紫外線や乾燥、加齢で固まった肌を柔らげ、成分が浸透しやすい肌へ。

  浸巡エッセンスが肌のすみずみまでたっぷりと潤す。
[浸巡エッセンス]

ヒト型セラミド・ユズ種子エキス・ナンバンクサフジ種子エキス・玉造温泉水

  モイストラップ分子が肌の表面を包み込み、潤いの蒸発を防ぐ。
[モイストラップ分子]

肌の上に膜を作ることで水分蒸発を防ぎ、美容成分を内部に閉じ込める。

肌の調子を整える「整肌・保湿成分」配合

メディプラスゲルには、健やかな肌をサポートする密着型ヒアルロン酸やスーパーコラーゲン、アミノ酸などをはじめとした整肌(せいき)成分が豊富に配合されているため、1本のオールインワンでも保湿から肌荒れ対策、ハリ感アップなど様々な効果が期待できます。

最近肌のハリつやを感じなくなってきた、乾燥による小じわが気になってきた、というお悩みを抱えている方には、是非試していただきたいオールインワンです。

肌に不要な「7つの添加物」を徹底排除

肌に必要なものだけにこだわったメディプラスゲルは、製薬会社であるサティス製薬との共同開発をすることによって、7つの添加物を排除することに成功。信頼の品質を追求しています。

メディプラスゲル7つの無添加
  • ×防腐剤(パラベン、フェキシエタノール)
  • ×アルコール(エタノール)
  • ×石油系界面活性剤
  • ×合成香料
  • ×合成着色料
  • ×鉱物油
  • ×シリコン

やはりメディプラスゲルは元々肌荒れに悩んでいた開発者の経験を元につくられただけあって、肌の刺激には強いこだわりがあるようですね。

アレルギーや肌トラブルの元になりがちな添加物は徹底的に排除されていますから、敏感肌の方はもちろん赤ちゃんや小さな子供さんでも安心して使用することができます。

メディプラスゲル体験者さんの口コミ

成分を見るだけでも高品質なことがわかるメディプラスゲルですが、実際に使ってみたことのある方々は一体どれくらい満足できているのでしょうか?

体験者さん達の本音の口コミをいくつかご紹介させていただきます。

※口コミは個人の感想です。商品の効果に関しては個人差があります。

敏感肌が酷く、今までどんな化粧品を使っても肌が荒れてしまっていました。でもメディプラスゲルは塗っている最中もその後も肌が荒れることは無く、ピリピリする感じもありません。ちゃんと1本だけでカサカサのお肌が潤せるので、本当に感謝しています。(42歳・女性)
リニューアル前からずっと使用しています。前のものも私にとってはかなり好印象でしたが、リニューアル後はさらに浸透力も良くなり、しっかりと保湿してくれる感じで大満足♪これからもずっと付き合っていきたい商品です!!(34歳・女性)

お肌のことをよく考えているメディプラスゲルは、口コミでもかなり好評のようですね。

多くの女性達が「使い続けたい」と感じているのはやはり、メディプラスゲルの努力の賜物だと言えるんじゃないでしょうか!

メディプラスゲルの基本の使い方

それでは実際に、メディプラスゲルの基本的な使い方について学んでいきましょう!

①ゲルを手に取る

まずは以下の目安を参考にして、ゲルを手に取ってみます。

  • 基本使用量:朝1、夜2プッシュ
  • 使いはじめの使用量:朝2、夜3プッシュ

公式から勧められている使用量はこのようになっていますが、メディプラスゲルは肌の状態に合わせて使用量を調整するのが最もおすすめ♪

上記の規定量通りに使用する際は、ポンプをしっかりと最後まで押すことを心がけましょう。

②ゲルを手のひらに広げていく

ゲルの量を決めて手に取れたら、今度はゲルを手のひら全体~指先までたっぷりと厚く広げていきます。

いきなり顔にゲルを付けるのではなく、一度手に広げて体温に馴染ませるというのがポイントですね。

③両手で顔を包み込み外側へ広げていく

ゲルを広げた手で顔の中央を包み込んだら、そのまま優しく外側へとゲルを伸ばしていきます。

この時何度も顔の中央から外側へと往復したくなるかもしれませんが、こすりながら塗ってしまうと肌に刺激を与えてしまうのでNG!優しく1回だけ伸ばすようにしてあげましょう。

④顔の中央から額・顔まわりに伸ばす

次は先ほど外側へと伸ばしたゲルをもう一度中央に戻して額の方へと広げていきます。

そしたらそのまま輪郭に沿ってゲルを下の方へと伸ばしていき、あごから首にも伸ばしていきましょう。

⑤乾燥が気になるところに重ね塗り

メディプラスゲルはジェルをたくさん塗ってもモロモロが出にくいので、気になるところにはたっぷりと重ね塗りするのがおススメ♪

目元口元などに、軽くのせるようにして重ねていきましょう。

メディプラスゲルをさらに効果的に使うコツ

メディプラスゲルは先ほどの使用方法通りに使えば、肌への刺激を最小限に抑えてスキンケアをすることができます。

しかし肌の調子や気温、室温などによっては、基本的な使い方では物足りないと感じることもあるでしょう。

そんな時は基本の使用方法に合わせて、ちょっとしたひと手間を加えることでより高い浸透力や保湿力を感じることができますよ!

洗顔後すぐに使用する

メディプラスゲルを使用する際はまずは肌の汚れをしっかりと洗顔で落としてあげることが大切。

しかし洗いたてのお肌はすぐに乾燥してしまうので、メディプラスゲルを使用する際はなるべく洗面台のすぐ横に置いて、洗顔後すぐに使用するのがおすすめです。

お風呂あがりだったりするとすぐにスキンケアをするのは面倒かもしれませんが、肌が乾ききってしまう前に素早くお手入れしてあげるようにしてくださいね。

ラップパックもおすすめ

重ね付けしても乾燥が気になるという方は、ゲルを塗った後にラップを被せてラップパックをしちゃいましょう。5~10分程度するだけで、肌にしっとり感がうまれるはずです。

浸透力が足りないときはハンドプレス

成分がなかなか浸透しないなあという時は、無理にこすらず両手で顔全体を抑え、体温でお肌をじわ~っと温めてあげましょう。この時に深呼吸しながら行うと、肌も心もリラックスできますよ♪

まとめ

正しい使用方法というとなんだか堅苦しいような印象を覚えますが、メディプラスゲルの使い方はいたってカンタンです。

肌をこすらないことさえ気を付ければ、誰でも時短美容をすることができます。

また皆さんの中には、たったあれだけの手順でちゃんと保湿できるの?なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんが、本来スキンケアというものはやりすぎ厳禁のもの。

ほんの少しの手間でケアできるものこそが、お肌に良い化粧品なんです。

またメディプラスゲルは簡単に使えるオールインワンの中でも特に肌にとって良い化粧品となっていますから、キレイなお肌を目指したいというのであれば、是非一度試してみることをおすすめしますよ!