シミケアには美白クリームが効果的?その理由とおすすめアイテム紹介

シミケアに効くと言われる商品は世にたくさん出回っていますが、いったいどれを使ったらいいのかわからないのが実際のところ。

そこで今回は、シミに効果的と言われている美白クリームについて調べてみました。

どんな成分が配合されたどんなクリームが効果的なのか検証していきましょう。

シミケアに美白クリームが良い理由とは?

ではまず、シミケアに美白クリームが効果的と言われているその理由を見ていきましょう。

美白成分がシミを薄くしてくれる&シミ予防も

美白成分の配合によりシミを薄くしてくれるだけでなく、シミの予防をする働きもしてくれます。例としては、

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • ハイドロキノン

などの成分が入っていると、シミへの効果が特に期待できますよ。

保湿効果も期待できる

クリームタイプは他の化粧品よりも油分が多く、保湿の効果も期待できます。

乾燥している肌は成分の浸透力があまりよくないので、シミへの効果を感じるのに時間がかかってしまうんです。

また、美白成分は乾燥しやすいので、油分を補えるクリームタイプがとてもおすすめなんですよ。

クリームで薄くできるシミとできないシミがある

美白クリームがシミに効くとは言っても、じつはクリームで薄くできるシミとできないシミがあるんです。

薄くできるシミ

  • 老人性色素斑…紫外線・老化が原因
  • 炎症性色素沈着…ニキビ跡や摩擦などの刺激が原因
  • 肝斑…女性ホルモンの影響によるもの

薄くできないシミ

  • 脂漏性角化症…紫外線・老化が原因
  • 花弁状式粗斑…紫外線

このようなシミはクリームでは薄くすることができないので、レーザー治療などをおすすめします。

ただし、レーザー治療は期間が数か月ほどかかる、保険適用外であるなどの注意しなければならない点もあるので、信頼できるお医者様に相談してみてくださいね。

シミケアクリームを選ぶときのポイントをチェック!

シミケアクリームを選ぶときにチェックしたいポイントを3つ見ていきましょう。

美白効果の高い成分が配合されていること

美白効果の高い成分が配合されているものを選びましょう。

いくら美白クリームといっても、美白効果が低ければシミに効くとは言えません。

そこで今回もっともおすすめするのはハイドロキノンという美白成分です。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われ、ビタミンCなどの有名な美白成分の10倍~100倍の効果があるとされて注目を浴びています。

皮膚科のシミ治療でも使用されている成分で、何を使っても効果を感じない…といった方やとにかくできるだけ早くシミの悩みから解放されたいという方には特におすすめの成分なんです。

肌への刺激が少ないものであること

肌への刺激が少ないものを選びましょう。

ハイドロキノンは高濃度であるほど即効性は期待できますが、肌への刺激が強くなってしまいます。

したがって、濃度にも注意する必要があります。

4%以上のものは即効性がありますが赤みなどのトラブルが出てしまう可能性があるので、1%~3%のものを選ぶと安全ですよ。

継続して使うものですから、即効性よりも肌への刺激が少ないものを選ぶことが大切です。

肌への浸透力が高いものであること

肌への浸透力が高いものを選びましょう。

ハイドロキノンはシミに効果があるとされていますが、水溶性なのでじつは肌に浸透しづらいんです。

しかし肌に浸透してシミに効いてくれなければ、使う意味がありませんよね。したがって、肌への浸透力の高さも選ぶ基準として大切になります。

シミケアクリームを使うならまずはこのセットから!

シミケアクリームを選ぶポイントは、

  1. 美白効果の高い成分が配合されていること
  2. 肌への刺激が少ないこと
  3. 肌への浸透力が高いこと

の3つに特に注目しましょう。

そして今回、これらの条件を満たしたおすすめのシミケアアイテムが「b.glen(ビーグレン)」ホワイトケアトライアルセットです。

「b.glen(ビーグレン)」ホワイトケアトライアルセット

内容量(トライアルセット)
  • クレイウォッシュ…15g(洗顔料)
  • QuSomeローション…20ml(化粧水)
  • Cセラム…5ml
  • QuSomeホワイトクリーム1.9…5g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム…7g
価格(税抜) 6,422円⇒1,800円(送料無料)
配合成分
  • QuSome®ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • βホワイト など

ビーグレンのホワイトケアは、今まで課題だったハイドロキノンの「浸透力」「刺激」を独自の浸透技術「QuSome(キューソーム)」で解決したコスメです。

そして今回ご紹介するホワイトケアトライアルセットのなかでも特にシミケアに効果が期待できるアイテムが「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

このクリームはハイドロキノン1.9%と低濃度ながら、配合量が4%の化粧品と同じ効果を感じることができるんです。

また、効果的な成分を低濃度で使うことで肌への刺激を抑え、肌の角層の奥まで届けてくれるんですよ。

また、こちらのセットにはモイスチャーリッチクリームという高保湿のクリームも入っているので、セット一式使うことでシミケアと乾燥対策が一気にできちゃうのでとてもおすすめなんです。

ぜひビーグレンの公式サイトものぞいてみてくださいね。

シミケアを行う際に気を付けたいこと

ではシミケアを行う際、その効果を十分に発揮してもらうために気を付けたいことを確認していきましょう。

ハイドロキノンは紫外線に弱い?

シミに効果のあるハイドロキノンですが、ハイドロキノン配合のクリームをつけたまま紫外線を浴びてしまうと、逆にメラニンを吸収しやすくなってしまいます。

ですので、朝の使用は控えて夜のみ使用するようにしましょう。

ちなみにビーグレンのホワイトクリームは元から「夜用」として出しているのでその点も考慮されています。

継続して使うことが大事!

シミケアはどんなに美白成分の高い商品を使ったとしても、数日で効果を期待できるものではありません。使い続けることで効果を感じることができます。

したがって、その商品が自分に合っているかお試しできること、そしてその価格も大事ですよね。

今回紹介した「b.glen(ビーグレン)」ホワイトケアトライアルセットなら365日返金保証つき・送料無料1,800円でお試しできちゃうので気軽に試すことができますよ。

まとめ

シミケアに美白クリームが良いと言われる理由は、美白有効成分がシミを薄くしてくれるだけでなく、シミの予防もしてくれるからでした。また、他の化粧品に比べて保湿効果が高いことも理由の1つです。

「b.glen(ビーグレン)」ホワイトケアのQuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノンの濃度が1.9%と低いながら、配合量4%の化粧品と同じ効果を感じることができるので低刺激でシミへの効果を抜群に期待できますよ。

薬学博士によって開発されたビーグレン独自の浸透技術をぜひあなたも体感してください♪