敏感肌に必要なのはこれ!セラミド入り化粧品(化粧水・美容液・乳液・クリーム・オールインワン)を一挙公開!

乾燥性敏感肌の方にとって、化粧品を選ぶ上で一番重要な成分が、そう!肌のうるおいをキープする保湿成分ですね。

中でも特に保湿効果が高いといわれている成分・セラミドは、乾燥にお悩みの方なら誰しもが知っている成分ではないでしょうか。

そこで今回は、乾燥性敏感肌にうれしいセラミド配合化粧品を厳選して大公開!併せて敏感肌のメカニズムや、セラミドがどんな成分なのかもご紹介して参りたいと思います!

化粧品でヒリヒリ…乾燥性敏感肌になってしまう原因とは?

セラミド配合の化粧品を紹介する前に、まずはどうして肌が敏感になってしまうのか、その原因について見ていきましょう。

乾燥性敏感肌について正しい知識が身につけば、あなたの肌はもっと早く改善されるはず!

あなたはただの乾燥肌?それとも乾燥性敏感肌?

まず最初にお伝えしておきますが、敏感肌という肌質は医学用語では存在せず、明確な定義が決まっておりません。

ですから、「アトピー肌だから敏感肌」「化粧品ですぐ肌荒れを起こすから敏感肌」というように、人によって敏感肌の捉え方は様々です。

一般的には肌の乾燥がひどくなり、バリア機能が低下している肌のことを敏感肌と呼ぶことが多いようなので、当サイトもその定義に合わせてお話をすすめていきたいと思います。

乾燥性敏感肌はその名の通り、肌の乾燥と外部刺激に敏感な肌のことを指します。何らかの理由で肌が乾燥し、それに伴い肌のバリア機能が低下している状態です。

あなたの肌は現在、どのような状態ですか?

肌の状態チェック
  1. 1年中肌が乾燥している
  2. スキンケアをしても、時間がたつと肌がつっぱってくる
  3. 目元や口元がカサカサしている
  4. 化粧品で赤みが出たり、痒くなったりする
  5. アレルギーを持っている
  6. 時期によって化粧品が肌に合わない

1~3だけに該当する方は乾燥性敏感肌ではなく、ただ肌が乾燥しているだけなので、まだバリア機能はさほど低下していません(対策は必要です)。

しかし、1~3に該当していて、さらに4~5のどれかに該当している方は、乾燥性敏感肌の可能性が非常に高いです!

肌の水分量・油分量が不足し、バリア機能が低下している状態なので、早めにスキンケアを見直すことが必要です。

乾燥性敏感肌の原因

画像元:DECENCIA(ディセンシア)公式サイト

さて、乾燥性敏感肌という判断結果になってしまったあなた!一体なぜ、乾燥性敏感肌になってしまったのか、原因を突き止めていきましょう。

まず、乾燥性敏感肌の原因として考えられることが、角質層の水分・油分不足によるバリア機能の低下です。

角質層の水分量・油分量は、加齢の影響はもちろん、普段の生活習慣によっても大きく変化すると言われています。

特に間違ったスキンケアや睡眠不足、ストレスなどは、バリア機能を担う保湿因子(後述で解説)を減らし、外部からの刺激に弱い敏感肌をつくりあげてしまいます。

乾燥肌や敏感肌に重要なバリア機能

角質層 バリア機能

乾燥性敏感肌にとって厄介なバリア機能の低下。

バリア機能とは、もともと私たちの肌表面(角質層)に備わっている機能で、主に肌のうるおいを守り、外敵の侵入や攻撃を妨げる仕事をしています。

角質層のバリア機能を守るガードマンたち

バリア機能は、主に3つの保湿因子によって守られています。

  • 細胞間脂質
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 皮脂膜

それぞれの役割について簡単に説明していきましょう。

保湿因子 役割
アヤナス 保湿 うるおい

細胞間脂質

角層細胞(角質層の中にある細胞)の隙間を埋めて水分保持、さらに外敵の侵入を防ぐ

天然保湿因子(NMF)

アミノ酸や尿素などからできた成分の総称。角層細胞の中に存在する。

水分をつかむ力があり、空気中や真皮(角質層の下部分)の水分を吸収して、角質層内のうるおいを保つ役割をしている

アヤナス 保湿 バリア機能

皮脂膜

水分の蒸発と外敵の侵入を防ぐ

バリア機能の約8割は細胞間脂質が担っています。そして、今回のテーマである【セラミド】は、実は細胞間脂質の主成分なんです!

天然保湿因子が存在する角質細胞を挟み込んで水分の蒸発を防ぎ、さらには肌を外部刺激から守る、まさにセラミドはお肌に欠かせない重要保湿成分なのです。

それでは次項で、もう少し詳しくセラミドについてお話しして参りましょう。

※乾燥性敏感肌の詳細に関しては、以下の記事にも掲載しております。こちらも是非チェックしてみてくださいね!

乾燥肌が原因!?敏感肌でも使えるクレンジングや化粧水、ファンデーションを一挙公開!

2017.06.07

乾燥性敏感肌を改善!セラミドの種類と化粧品の選び方

それでは次に、セラミドの種類と、セラミド配合化粧品の選び方についてお話して参りたいと思います!

セラミドは種類によって原料や保湿力、肌への刺激も違いますので、覚えておくと便利ですよ♪

化粧品に含まれているセラミドの種類は大きく分けて4種類

化粧品に配合されるセラミドは、天然由来の動物性セラミドと植物性セラミド、合成由来のヒト型セラミドと疑似セラミドの4種類に大きく異なります。

セラミド 肌へのやさしさ 配合している化粧品名(例)
天然由来 動物性セラミド ★★★★ アルージェ(全薬工業) など
植物性セラミド ★★★☆☆ モーニュ(スイスロワール) など
合成由来 ヒト型セラミド ★★★★★ ヒフミド(小林製薬)
つつむ(ディセンシア) など
疑似セラミド ★★☆☆☆ キュレル(花王)
コラージュB.K(持田製薬) など

ではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

動物性セラミド

天然セラミドとも呼ばれる動物性セラミドは、「ビオセラミド」「ウマスフィンゴ脂質」「セレブロシド」と表記されることが多く、肌への浸透率が高いのが特徴です。

とろみのあるテクスチャーで、敏感肌やアトピー肌の保湿にも適していますが、原料価格が高いというデメリットも。

植物性セラミド

米・こんにゃく芋・とうもろこし・大豆などの植物から抽出されたセラミドで、「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖脂質」「加水分解コンニャク根」などと表記されます。

肌への刺激は少ないですが、その分、保湿効果も弱いのが欠点。また、植物から抽出しているため、植物アレルギーの方にはあまりおすすめできないセラミドです。

ヒト型セラミド

私たちの体内にもともと存在しているセラミドと近い化学構造を持ったセラミドで、酵母(イースト)を利用してつくられています。

バイオセラミドとも呼ばれますが、表示名はすべて「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」といったかんじで、語尾に数字がついています。

疑似セラミド

疑似セラミドとは合成セラミドとも呼ばれ、セラミドに似た構造を化学的に合成した保湿成分のことです。価格は非常に安いですが、他のセラミドに比べると、肌への刺激はやや強めです。

敏感肌の方が使うのであれば、やはり私たちが本来持っているセラミドに近い「ヒト型セラミド」が配合された化粧品がよいと思います。

ただ、ヒト型セラミドも動物性セラミドのように原価が高いので、毎日セラミド配合化粧水を使いたい方は、植物性セラミドや疑似セラミド配合の化粧品を使ってみるのもアリだと思います。

その際、不安であれば事前にパッチテストをしておくことをおすすめします。

人間の体内に存在するセラミドは約11種類

化粧品に配合されているセラミドは大きく分けると4種類ですが、私たち人間の体内には、約11種類のセラミドが存在すると言われています。

ただ、現時点で解明されているセラミドはまだ6~7種類ほど。セラミドは語尾についている番号によって、それぞれ特徴や役割が異なります。

セラミド1 水分保持機能・外部の侵入を防ぐバリア機能
セラミド2 人間の肌に最も多く含まれていて、セラミドの中でも特に優れた水分保持機能を持つ
セラミド3 水分保持機能を持つが、年齢とともにかなり減少する
セラミド4 角質で脂質のバリアをつくり、保持する機能を持つ
セラミド5
セラミド6・6Ⅱ セラミド3と似たような働きを行い、さらに肌のターンオーバーを促進する機能もある
セラミド7 細胞の増殖や分化をコントロール

既にお伝えしている通り、ヒト型セラミドは人間のセラミドに近い化学構造でつくられているので、ヒト型セラミド配合の化粧品を選ぶ際は、こちらの数字も是非参考にしてみてくださいね。

セラミド配合でも量が少なければ意味なし!?プチプラ化粧品に注意

セラミド 配合量

前述でご紹介した通り、動物性セラミドとヒト型セラミドは少し価格が張るため、どうしても配合されている化粧品は手が出しにくい金額になってしまいます。

そんな中、安価なセラミド配合化粧品を見つけた場合は注意してください。配合量が非常に少ない可能性があります。

見極め方としては、内容成分をよーく見ること!内容成分は配合量の多い順に成分が記載されています。

5~10番目ぐらいまでなら期待はできますが、それ以降に記載されているセラミドは配合量がかなり少なめ。正直効果はあまり期待できないと思います。

セラミドの配合量が少ない場合は他の保湿成分に注目!

セラミドの配合量が少ないときは、他の保湿成分に注目してみましょう。

特に注目しておきたい保湿成分が、セラミド同様、体内に存在するコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・スクラワンなどです。

また、天然の保湿成分であるホホバオイルやシアバターも肌がうるおうのでおすすめです。

乾燥性敏感肌におすすめ!セラミド配合化粧品ランキングBEST3

お待たせしました!それでは乾燥性敏感肌におすすめしたいセラミド配合化粧品をランキング形式でご紹介致しましょう。

※当記事でご紹介している口コミは個人の感想です。商品の効果・効能を示すものではありません。

【第1位】つつむ トライアルセット

メーカー

ディセンシア

トライアルセット内容
  • つつむ ジェントル クレンジング (14包)
  • つつむ ジェントル ウォッシュ (10g)
  • つつむ ジェントル クリームウォッシュ (1包)
  • つつむ ローションセラム E (14mL)
  • つつむ フェイスクリーム (10g)
  • つつむ フェイスクリーム R1 (1包)
  • つつむ デイ モイスチャーヴェール(1包)

[プレゼント]

  • ふんわり洗顔ネット 1個
  • アヤナス ローション コンセントレート(1回分)
  • アヤナス クリーム コンセントレート(1回分)
価格(税込) 1,470円

セラミド配合化粧品の中でも抜群の保湿力を誇る「つつむ トライアルセット」が第1位にランクイン♪

敏感肌専門ブランド・DECENCIA(ディセンシア)から発売されている基礎化粧品だから、お肌へのやさしさはもちろん、豊富なセット内容も魅力の1つです。

現在販売中のトライアルセットは、同ブランドの人気商品「ayanasu(アヤナス)」の化粧水と保湿クリームもおまけで付いてくるので、かなりおすすめですよ!

【口コミ】

元々ひどい乾燥肌に悩まされていましたが、出産を機にさらに肌が敏感になってもうお手上げ状態!(泣)

そこで、雑誌で紹介されていたつつむを使ってみることに。最初にトライアルセットを使ってみましたが、確かに保湿力が凄い!

今迄どんな化粧品を試してもカサカサに乾燥していた肌がしっかり翌朝まで潤っていました。リピ確定です(∩´∀`)∩(34歳・女性)

【第2位】Hifmid(ヒフミド) お試し花柄トートバッグセット

メーカー

小林製薬

トライアルセット内容
  • マイルドクレンジング(メイク落とし)10g
  • ソープ(洗顔ソープ)13g
  • エッセンスローション(保湿化粧水)20ml
  • エッセンスクリーム(保湿クリーム)4g
  • UVプロテクトベース (日焼け止め・化粧下地)0.5g×5包

[プレゼント]

  • 花柄トートバッグ
価格(税込)

980円

小林製薬のヒフミドは何と3種類のヒト型セラミドを配合!年齢によって減少するセラミドを補い、うるおいとハリをサポートします。

また、セラミドの他にもスクラワンやホホバオイルなど、保湿力に優れた成分を配合しているので、敏感肌になりかけの乾燥肌にもおすすめです♪

【口コミ】

季節の変わり目に肌トラブルを起こすことが多く、特に冬場はひどい肌荒れを起こしていました。

それなのにヒフミドは凄い!皮膚科で処方された薬で歯科ケアできなかった肌が、こんなに回復するとは…!本当に助かっています♡花柄トートも可愛いですよっ♡(29歳・女性)

【第3位】エトヴォス モイスチャーラインお試しセット

メーカー

エトヴォス

トライアルセット内容
  • クリアソープバー 10g
  • モイスチャライジングローション 30ml
  • モイスチャライジングセラム 10ml
  • モイスチャライジングクリーム 5g
価格(税抜)

1,900円

エトヴォスのモイスチャーラインは、乾燥の原因に向き合う攻めの保湿!効果なセラミドを1・2・3・5・6Ⅱと5種類も配合しています。

さらにシリコンやパラベン、合成着色料など、肌に刺激を与える成分を大幅カットしているので、乾燥性敏感肌でも安心してお使い頂くことができます。

【口コミ】

仕事の忙しさで食生活も睡眠時間も乱れてしまい、肌がボロボロに…。もともと美容にはあまり興味ありませんでしたが、さすがにこれは…と思い、姉に相談したところ、こちらの商品を勧められました。

高い保湿力ということで、こってりした保湿化粧品をイメージしていましたが、想像以上に伸びが良く、肌にすーっと浸透してくれるので、使い心地抜群です!(42歳・女性)

【おまけ】セラミド配合プチプラ化粧品

セラミドの配合量が少ないプチプラ化粧品の中にも、これは優秀!だと言える商品が実はあるんです♪

ランキング上位の商品ほどではありませんが、こちらもおすすめなので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょう?

日本酒の化粧水 高保湿

メーカー  菊正宗
内容量 500ml
価格  907円(税込)

薬局やドラッグストアでも購入可能な日本酒の化粧水。

セラミド配合で保湿力はバッチリ、口コミサイトでも称賛の声が絶えないプチプラ化粧水です。

キュレル 化粧水Ⅲ

メーカー 花王
内容量  150ml
価格  オープン価格
キュレルは疑似セラミドを配合した化粧水。しかし、疑似セラミドだからといって侮ることなかれ!しっとりした手触りで、敏感なお肌をしっかりと潤します。

肌をうるおす保湿クリーム

メーカー 松山油脂
内容量 50g
価格  1,600円(税抜)

名前の通り、肌をしっかりと潤すことができる保湿クリームは、全国の百貨店や、一部のドラッグストアで購入可能です。

あまりの保湿力の高さに、顔だけでなく体にも愛用している方が多いのだそうですよ♪

外側のケアだけ?内側のケアでセラミドの生成を促そう

では最後に、食生活や睡眠で内側からセラミドを生成していく方法をご紹介していきたいと思います。

植物性セラミドで体内のセラミドを増やそう

前述でセラミドの種類をお話ししたのを覚えていますか?その中に、植物性セラミドというものがありましたね。まさしくこの植物性セラミドのもとになる食べ物こそが、体内でセラミドを増やすと言われています。

セラミドを含む食べ物
  • 小麦
  • 大豆
  • とうもろこし
  • こんにゃく など

特に、こんにゃくはアレルギー性が少なく低カロリーな上、セラミドが米や麦の7~16倍含まれているといわれていますから、是非摂取していきたいですね。

セラミドを減らす脂っこい食事はNG

植物オイルなどに含まれるリノール酸は、適量であればセラミドの生成に必要なのですが、摂りすぎると逆にセラミドを減らしてしまいます。なので、インスタントラーメンやスナック菓子、揚げ物など、脂っこい食事は摂りすぎないように気をつけましょう。

成長ホルモンを活発化させよう

私たちが眠っている間は、細胞を活性化させる成長ホルモンが分泌されます。もちろんセラミドもこの時間につくられるわけですから、睡眠時間は少なくとも3時間はとりましょう。理想は6~7時間の睡眠です。

まとめ

セラミドは肌のうるおいを守り、外敵から身を守る細胞間脂質の主成分。これから加齢とともに減っていく成分であるからこそ、しっかりと補って敏感肌を改善していきたいですね。

また、これ以上減らないように、なるべく普段のスキンケアや食生活も意識していくことも必要です。セラミドを取り入れて、モチモチのうるおい肌を目指していきましょう。