脂性敏感肌の正体はオイリードライ肌かも!使うべき化粧水やファンデーションは?

思春期を迎えた頃に、ほとんどの方が経験するオイリー肌。

しかし、皮脂の分泌量が多い10代を終えた後も、ベトベト・ギトギトの肌に悩まされている人が多くいらっしゃいますね。

おまけにどんな化粧水を使っても肌に合わない、かぶれてしまうというあなた!もしかしたらそれ、脂性敏感肌かもしれませんよ。今回は脂性敏感肌の原因と対策法についてお話していきましょう。

自分の肌タイプを知ろう

「自分は肌がいつもベタついているから脂性肌だ」

「化粧水をたっぷりつけているのに肌がいつもカサカサ乾燥している」

など、みなさんは自己判断で自分の肌タイプを決めつけがちですが、果たして本当にその判断は正しいのでしょうか。肌トラブルを防ぐためにも、今一度、自分の肌タイプを確認してみましょう。

肌タイプは大きく分けて4種類

肌のタイプは以下のように分類されます。

肌 タイプ 

普通肌

水分、皮脂のバランスが整っていて、肌トラブルの少ない健康的な状態です。

脂性肌

水分、皮脂ともに多く、毛穴詰まりやニキビなどの肌トラブルを起こしやすいタイプです。

思春期から20代にかけて多く見られます。

乾燥肌

水分も油分も少なく、肌のバリア機能が低下している状態です。そのため、ちょっとした刺激でも肌荒れを起こすことが多く、敏感肌になりやすい傾向があります。

混合肌

額と鼻(Tゾーン)が脂性肌、頬や顎が(Uゾーン)乾燥肌といったように、顔のパーツによって水分量、油分量が異なる肌質を指します。20~30代にかけてはこのタイプが非常に多く、コントロールしにくい肌質と言えるでしょう。

肌タイプ診断(カウンセリング編)

では次に、あなたの肌の水分量・油分量をチェックしてみましょう。

水分量チェック 油分量チェック
  • 日中はよく肌がつっぱっているような感じがする
  • 口や目の周りがカサカサしている
  • 顔から粉を吹くことがある
  • 化粧のノリが悪い
  • 頬に赤みが出ることがよくある
  • いつもあぶらとり紙を手放せない
  • 日中、肌のテカりが気になる
  • 午後になると化粧が消えたり、くずれたりする
  • 頬に毛穴が目立つ
  • 頬や額にニキビができやすい
3つ以上当てはまったあなたは…

乾燥肌かも

3つ以上当てはまったあなたは…

脂性肌かも

どちらもあまり当てはまらない方は健康的な普通肌、反対に当てはまる項目が多い場合は混合肌が考えられます。

肌タイプ診断(実験編)

カウンセリング編で肌タイプがはっきりとしなかった方は、実践編で明確にしましょう。

カウンセリングでハッキリしてわかった方も、実践編でもしかすると新たな事実が発覚するかもしれませんよ。

【肌タイプの見極め方】

  • いつものように洗顔します
  • その後、スキンケア用品を使わずに10~20分間ほど肌の様子を観察します。

いかがでしょうか。先程脂性肌と判断したのに、肌のつっぱりを感じたのであれば、あなたは「脂性乾燥肌」かもしれません。

脂性乾燥肌とは?

脂性乾燥肌は、オイリードライ肌、オイリードライスキン、隠れ乾燥肌、インナードライ肌などと呼ばれ、油分の量が多く、水分量が少ない状態の肌のことを指します。

「えっ、それって混合肌のことじゃないの?」と思った方もいらっしゃると思いますが、脂性乾燥肌と混合肌は似ているようで全くの別物。

混合肌は前述の通り、顔のパーツによって皮脂の分泌量が多い部分と、乾燥している部分がありますが、脂性乾燥肌は、肌表面だけが皮脂でうるおっていて、肌の内部はカラカラに乾燥している状態です。

脂性乾燥肌が進化すると脂性敏感肌に!

先程の肌タイプ診断で脂性乾燥肌(オイリードライ肌)という結果になってしまったあなた!

そのまま放っておくと、いつの間にかニキビや黒ずみなどの肌トラブルを起こしやすい脂性敏感肌へと進化してしまいますよ!

脂性敏感肌へと悪化しないためにも、まずは脂性乾燥肌の原因を突き止めましょう。

肌表面だけがうるおっている偽脂性肌…原因は?

脂性乾燥肌は、以下のような原因が考えられます。

外的要因
  • 紫外線対策をしていない
  • 周囲の環境(ほこりや花粉など)
  • 間違ったスキンケア など
内的要因
  • 揚げ物やお菓子ばかりを好んで食べている
  • 不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ など

脂性乾燥肌は肌の外部・内部それぞれに罠が仕掛けられているのですね。

しかし、どうしてこれらのことが脂性乾燥肌を招いてしまうのでしょうか。

皮脂は外敵から肌を守る特攻隊

毛穴を詰まらせる、肌がテカテカにする…といったマイナスイメージが強い皮脂。ですが、皮脂は外敵から肌を常に守っているということをご存知ですか?

紫外線やたばこの煙、ほこり、花粉など、汚れた空気が漂う環境にいると、皮脂が「肌をまもらなきゃ!」と、過剰に分泌します。

しかし、私たちがそれに気づかず、「あ!また顔がテカテカ…皮脂を取らなきゃ!」と、あぶら取り紙をこまめに使いすぎたり、顔を洗いすぎたりすると、皮脂がとれすぎて肌内部の水分までもが奪われてしまうのです。

皮脂が肌を守るためにどんどん分泌量を増やし、その都度私たちも皮脂をとる。この悪循環が続くと、肌の水分は徐々に減少していき、気が付いた頃には脂性乾燥肌になってしまっているというわけです。

徐々に脂性肌に傾いてきた人は生活環境も見直してみて

もともと乾燥肌だったのに、徐々に皮脂の分泌量が増えてきた人は、生活習慣の乱れが原因です。皮脂の成分は主に中性脂肪でできています。中性脂肪になりやすい食事(揚げ物、お菓子、アルコールなど)を摂れば摂るほど、皮脂の分泌量ももちろん増えます。

また、睡眠不足やストレスなども、皮脂の分泌量が増えてしまう原因のひとつ。生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの一種「テストステロン」や「アンドロゲン」が皮脂の分泌を促すと言われています。

スキンケアを見直してみよう

もしも既に脂性敏感肌になってしまっていたら、今すぐに改善策を行っていきましょう。

水分量と油分量は全くの別物

脂性敏感肌の改善策を行っていく前に、まずみなさんに知ってほしいことが、「肌の水分量と油分量は共存する」ということです。

乾燥肌だから油分 (皮脂)が少ない、脂性肌だから肌の水分量が多い、という考えになりがちですが、水分量と油分量は全くの別物。決して対の関係ではありません。

このことをしっかりと頭に入れておきましょう。では、脂性敏感肌を改善するためにはどうしたらいいかと言いますと、ズバリ「肌の水分量を高める」ことです。

やっちゃだめ!間違ったスキンケア

肌の水分量を高めるためにはとにかく保水・保湿が大事。

まずは今行っているスキンケア方法を見直すことから始めてみましょう。

【スキンケアチェック】

  • オイル・ジェルタイプのクレンジング剤を使っている
  • 泡立ちが良く、脱脂力の強い洗顔料を使っている
  • 皮脂を落とすために、しっかりと擦って洗っている
  • お湯洗顔をしている
  • 化粧水はさっぱりとしたタイプを使っている
  • 化粧水オンリーで、乳液やクリームは使わない

いかがでしょうか。思い当たる方は今日からスキンケア方法を変えてみると良いでしょう。

クレンジングはミルクタイプが◎おすすめクレンジング剤

オイルタイプやジェルタイプのクレンジング剤は、毛穴汚れや皮脂をごっそり落とせますが、肌へのダメージ力はやや高め。しっかりとメイクした日なら使っても構いませんが、普段は低刺激なミルクタイプのクレンジング剤を使用しましょう。おすすめの低刺激クレンジング剤は、以下の商品。

トリートメント クレンジング ミルク(カバーマーク)

内容量  200g
価格  3,000円(税抜)
 保湿力がヒアルロン酸の約2倍あるMCキトサンを配合。洗い流したあとも肌がしっとりもちもちに。

〈口コミ〉

クレンジングなのにあまり乾燥せず、わりとウォータープルーフのマスカラなども落ちてくれます。刺激がなくて、敏感肌の私にはとても助かります。

参考:@cosme口コミ(alexandrastanさん/17歳・敏感肌)

http://www.cosme.net/product/product_id/2944746/review/506041809

スキンケアクレンジング(パラドゥ)

 
内容量  120g
価格  1,200円(税抜)
 塗れた手でも使え、なおかつW洗顔(洗顔料)を行う必要なし!クレンジング成分がメイクを落とした後、ナノ粒子に変化し、すっきりと洗い流せます。

〈口コミ〉

いままでコンビニスキンケアはお泊り用のパウチとかだけかと思ってましたがクレンジング1本丸々買えるんですね!メイク落としと洗顔がこれ一本で済むのと、濡れた手で使えるところが特に便利で気に入っています。使用感はミルクなだけあり、洗いあがりもしっとりとします。メイクが薄目というのもあるかもしれませんが、洗浄力も十分ありました。

参考:@cosme口コミ(イッチーさん/24歳・敏感肌)

http://www.cosme.net/product/product_id/10052662/review/505904046

脱脂力が強い洗顔料は控えて!おすすめ洗顔料

余分な皮脂まで洗い落としてしまう強力な洗顔料は絶対NG!角質を除去するスクラブ入り洗顔料なども、とりあえず肌が整うまでは我慢しましょう。

また、肌にやさしいと言われる固形石鹸ですが、中には洗浄力が泡石鹸やパウダー石鹸より高いものも。適度に皮脂を落とす低刺激な洗顔料は次の商品。

カウブランド 無添加うるおい石鹸(牛乳石鹸共進社)

内容量  150g
価格  550円(税抜)
 鉱物油やアルコールなどの添加物を使用していないので、アレルギー体質の方でも使うことができます。さらに、肌の角質に存在するセラミドという成分が配合されているため、保湿効果も抜群です。

〈口コミ〉

最高です!洗浄力があり、汚れが落ちたなあ、あらえたなあ、という感覚になるのですが、かといって、洗い上がりは乾燥してパサパサするようなことはない。さっぱり気持ち良い、とはまさにこのこと。無臭。少量で泡立ち豊か。無添加で安心安全。

参考:@cosme口コミ(cpt4016882さん/31歳・脂性肌)

http://www.cosme.net/product/product_id/10100470/review/505575389

ノブ A アクネフォーム(NOV)

内容量  70g
価格  800円(税抜)
 こちらも無香料・無着色・オイルーフリーの低刺激洗顔料。肌へのうるおいを守りながら、ニキビの元となる皮脂を洗い落とします。

〈口コミ〉

皮膚科でサンプルを貰って以来、何年も計30回以上はリピしています。最初は固形のアクネソープを使用していましたが、溶けやすいのでコスパが悪い気がしたのと持ち運びに不便なのでフォームのほうが使いやすいと思います。泡がしっかりしているので洗顔中に目を開けても垂れてきて滲みることがありません。睫毛に泡が乗ります。洗いあがりはサッパリしていて余分な皮脂をサヨナラしてくれているのが実感できるのが気持ちいいです。おかげでニキビができにくくなりました(^^)

参考:@cosme口コミ(もやしちゃん、さん/19歳・敏感肌)

http://www.cosme.net/product/product_id/789/review/504852240

洗顔後が一番のポイント!おすすめ化粧水&クリーム

洗顔後は、肌の水分が外に逃げないようにすばやくフタをしましょう。ここで脂性敏感肌の方におすすめしたい化粧水・クリームは、とにかく保湿効果が高く、それでもって油分が少ないもの。では一体、どんなものを使えばいいのでしょうか。

薬用クリアローション クリアタイプM(オルビス)

 
内容量  180ml
価格 ボトル入り 1,700円/詰め替え用1,500円(どちらも税抜)
 脂性肌敏感肌が起こしやすい肌トラブルNo.1ともいえるニキビ・肌荒れを防ぐ効果がある薬用クリアローション。紫根エキスで肌のバリア機能を高め、健康的な肌へと改善していきます。浸透性が高く、乾燥肌も改善してくれる効果が。

〈口コミ〉

少しのことでニキビができるし、生理前になると肌荒れが酷かったのですが、クリアシリーズ(洗顔以外)を使い出してからその肌の揺らぎがかなりマシになりました。季節でさっぱりとしっとりを使い分けています。脂性よりの混合肌の私にはベタベタせず、乾燥でシワシワになることもないので、ちょうど良いです。

参考:@cosme口コミ(きゃわいさん/34歳・脂性肌)

http://www.cosme.net/product/product_id/10093646/review/506146112

化粧水・敏感肌用 さっぱりタイプ(無印良品)

内容量  200ml
価格  580円(税抜)
 この化粧水はさっぱりタイプなのに、保湿ができる優等生。そかも、パラベンやアルコールは一切使用していません。内容量のわりに低価格で購入でき、お財布にもやさしいですね。

〈口コミ〉

「無印の敏感肌用なら良さそうだな?」と思って買ってみたのがきっかけ。他社の敏感肌用も使ったことがありますが、アルコールが入っているとヒリヒリしたりするので、ノンアルコールのこの商品は本当にお肌に優しいと思います。また、脂分が多い肌なので保湿クリームはあまり使うのが好きではないのですが、この商品はクリームなしでもぜんぜん突っ張る感がなく、さっぱりもちもち感が気に入って只今5本目リピ中です。

参考:@cosme口コミ(るなひょんさん/19歳・脂性肌)

http://www.cosme.net/product/product_id/2917807/review/505655717

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)

内容量  30g
価格  5,940円(税抜)
 敏感肌専門ブランド・ディセンシアの特許技術「ヴァイタサイクルウェール」で角層(肌の表面)の代わりに肌のバリア機能をサポート。皮脂が気になる場合は、目元や口元などの部分使いにも使用できます。

〈口コミ〉

敏感肌で特に花粉の時期は赤くなったりするので、刺激が少なく効果のある商品を探していて使い始めました。この金額でこの効果なら納得できます。保湿力もありライン使いすると次の日の朝肌の調子がいいです。刺激も少なく赤くなったりもしません。それでいてエイジング効果のある成分が入っているからなのか、肌にハリもでます。

参考:@cosme口コミ(Romydncさん/38歳・敏感肌)

http://www.cosme.net/product/product_id/10120225/review/505914004

脱・見た目オイリー 脂性敏感肌におすすめのメイク法

スキンケアと同時に、皮脂の分泌を抑えるメイクも行っていきましょう。

ファンデーションは薄めに

脂性敏感肌はTゾーンや小鼻のわきなどのメイクがいつもくずれがち。化粧崩れを防止するために、皮脂の分泌量が多い部分はファンデーションを薄めにつけるようにしましょう。

また、使うファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプのものがおすすめです。

化粧崩れが起きにくいおすすめパウダーファンデーション

 
商品名  マットスムースミネラルファンデーション
メーカー名  エトヴォス
内容量  4g
価格  3,000円(税抜)
 保湿効果が高く、紫外線カット剤も入っているため、デイリー使いにおすすめのパウダーファンデーションです。粒子がきめ細かく、毛穴レス肌に変身できちゃいます♪

あぶら取り紙は皮脂の分泌量に合わせて選ぼう

あぶら取り紙は肌表面の油をとるため、肌に直接負担をかけるということはありません。しかし強くこすったり、こまめに使いすぎたりすると、肌に必要な皮脂まで奪ってしまうので気をつけて下さいね。

皮脂の分泌量が極端に多い方は、和紙タイプより、吸収性の高いフィルムタイプを使いましょう。

まとめ

脂性肌は思春期特有の肌質。なのに、いつまでもギトついている脂性肌の方は、ひょっとすると脂性乾燥肌かもしれません。

肌の水分量が低下している今こそ、正しいスキンケアで肌の状態をもとに戻しましょう!

また、食生活やメイク方法も改善していくことが美肌への近道です。脂っこい食事をしている人や、濃いメイクを毎日している人は、一度そういった習慣も見直してみてくださいね。