敏感肌OK!シミ消し・そばかすに効果アリのおすすめ美白化粧品とは?

女の大敵、シミ・そばかす。1ヵ所でも見つけるとかなりゲンナリしてしいますよね。

老化現象のイメージが強いシミですが、実は若い世代でもスキンケアを怠っているとシミができてしまうってご存知でしたか?

そこで今回は、すでにできてしまったシミの改善策と、シミ予防のためのスキンケア方法をご紹介したいと思います!

全6種!私たちを悩ませるシミ’s

シミと呼ばれるものは、正しくは色素班と言ってタイプが何と6種類も存在します!

しかも悲しいことに、自力で解決できるシミと、解決できないシミがあるんです。

まずはあなたのシミがどのタイプなのか、一度チェックしてみましょう。

あなたのシミはどのタイプ?

シミは以下のタイプに分かれます。

タイプ 場所・形・色など 原因
老人性色素班
  • 頬骨や日差しが当たる高いところにできやすい
  • 数ミリ~数十ミリの丸いシミができる
  • 薄い茶色(徐々に黒く変化)
紫外線や加齢によるメラニンの蓄積
炎症後色素沈着
  • ニキビや虫刺されがあった箇所にできる
  • 色は赤から黒までさまざま
ニキビや虫刺され、傷による炎症
雀卵斑

(そばかす)

  • 頬や鼻に小さな点状のシミが広がる
  • ほとんどが薄い茶色
遺伝性によるもの

濃くなった場合は紫外線などが原因

肝斑
  • 頬骨あたりに左右対称にできる
  • ぼんやりとした淡いシミから濃いものまでさまざま
紫外線やホルモンバランスのくずれ
脂漏性角化症
  • 頬にできやすい
紫外線
花弁状色素班
  • 肩や背中に多く見られる
  • 花びらのような形のシミ
紫外線

このように見てみると、紫外線が原因でできるシミがほとんどですね。普段から日焼け止め、日傘などを使って紫外線対策を行うことがシミ予防への第一歩ではないでしょうか。

では、それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

老人性色素班

老人性色素班 日光性黒子 シミ

シミの中で最も多いタイプがこれ。紫外線の影響や、加齢によって皮膚のメラニンが蓄積され、肌の表面に現れます。

薄茶色のシミが出てきた初期は美白化粧水でお手入れができますが、紫外線によってシミが濃くなると、自力で対処できなくなり、レーザー治療などが必要になってきます。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着 シミ

ニキビや虫刺されなどが治ったときに残るシミです。美白化粧品を使うことによって改善することができます。ただ、気にしすぎて過剰に触ったり、刺激を与えたりすると治りにくくなってしまいます。

雀卵斑(そばかす)

そばかす 雀卵斑

“じゃくらんはん”と呼ばれるこのシミは、遺伝性によってできることがほとんど。

そのため、美白化粧品の効果は出にくいことが多いでしょう。しかし、これ以上シミを濃くしたくないのであれば、美白化粧品を使った方が正解だと思います。もちろん紫外線対策も怠ってはいけませんよ。

肝斑

肝斑 シミ

“かんぱん”は紫外線の他に、妊娠中や更年期など、女性ホルモンのバランスがくずれたときにできやすいシミ。美白化粧品で薄くすることが可能ですが、皮膚科で処方してもらうトラネキサム酸という内服薬でも効果が期待できます。

脂漏性角化症

脂漏性角化症

“しろうせいかっかしょう”と読みます。老人イボ、出っ張りジミなどとも呼ばれますが、簡単に言うと皮膚の良性腫瘍です。紫外線によって起こると言われています。

美白化粧品の効果はあまり期待できず、自力で治すのは難しいため、レーザー治療で消してもらいます。

花弁状色素班

紫外線で肌が赤く焼ける方がなりやすいシミ。花びらのような形をしていて、皮膚の奥までメラニンが届いてしまっているので、こちらも自力で治すのは困難でしょう。

時間が経てば色が薄くなるので、体の内側のケアを行うことをおすすめします。

シミはどんな肌質がなりやすい?

肌の表面(表皮)には、外敵からの刺激をガードするバリア機能が備わっています。

しかし、このバリア機能が弱くなってしまうと、紫外線やほこり、摩擦などからのダメージを大いに受けてしまいます。すると、肌の内部でシミの元・メラニンがどんどんつくられていってしまうわけなんですね。

バリア機能が弱い肌とは、乾燥肌・敏感肌のことを指します。つまり、肌が乾燥しやすい、敏感になっている方はシミができやすいということなんです。

バリア機能が弱いとシミは残りやすい

日焼けをして肌が黒くなっても、時間が経つにつれて元の肌色に戻っていきますよね。

これは、肌のターンオーバー(生まれ変わり)のおかげなんです。ターンオーバーが起こると、シミは肌の一番表面にある角質とともに剥がれ落ちていきます。ところが、乾燥肌・敏感肌は、ターンオーバーが正常に行われていないため、シミがなかなか外に出ていかないんです。

肌質を整えるためにも、正しいスキンケアを行っていきましょう!

シミとさよなら!美白化粧品の選び方

従来の美白化粧品といえば、「これからできるシミを予防する」ケアアイテムが多かったのですが、ここ最近は「すでにできたシミを消す」ケアアイテムが急増中!でも、実際どんなケアアイテムを使っていいのかわからないですよね。では次に、シミ対策ができる美白化粧水の選び方について学んでいきましょう。

紫外線VS美白成分

では、シミの一番の原因である紫外線と、美白化粧品に含まれる成分を戦わせながら、自分に必要な美白成分を見つけていきましょう。さあ果たして、美白成分は一体どこまで私たちのお肌を守れるのでしょうか!?

STAGE1 メラニン生成指令を阻止せよ!

紫外線が皮膚表面に当たると、まず肌のメラノサイト活性化因子(情報伝達物質)が「紫外線だ!メラニンをどんどん作れ!」と、メラニン工場であるメラノサイトに指令を出します。

ここで登場するのがトラネキサム酸カミツレエキスなどの成分。この成分は炎症を食い止め、メラニンの生成指令を止めてくれる効果が。

日頃からシミ予防をしたい人におすすめの成分

STAGE2 メラニン生成を抑えよ!

指令がメラノサイトに届くと、工場内のチロシナーゼという酵素がせっせとメラニンを作り始めます。そこでチロシナーゼを抑えるために使いたいのがアルブチン・エラグ酸などの成分です。メラノサイトに侵入し、チロシナーゼの活性化を阻止してくれます。

紫外線対策をしたい人におすすめの成分

STAGE3 メラニンを肌から追放せよ!

メラノサイトが活性化し、メラニンがすでに出来てしまった…。頼みの綱はビタミンC誘導体、リノール酸、アデノシンなどの成分。このあたりは外せない成分ですね。メラニン色素の還元、排出に欠かせない成分なので、できれば入っているものを選びましょう。

日焼け後のアフターケアをしたい人・すでに出来ているシミを治したい人におすすめ

美白に有効な成分

先程紹介した成分以外にも美白に効果がある成分はたくさん。下にまとめておきましたので、美白化粧品を選ぶときの参考にしてくださいね♪

効果 成分
メラニンづくりの指令を制御する トラネキサム酸、カミツレエキスなど
チロシナーゼの働きを阻害する アルブチン、コウジ酸、マグノリグナン、4MSK、リノール酸、ルシノールなど
メラニン生成の抑制・還元 ビタミンC誘導体
メラニンを排出する エナジーシグナルAMP、リノール酸、プラセンタエキスなど

お悩み別 おすすめ美白化粧品ランキング

美白成分について学んだところで、あなたに合った美白化粧品を見つけていきましょう。

前述でも伝えた通り、シミは肌がデリケートであればあるほどできやすい状態です。なので、ここでは敏感肌でも使えるおすすめの美白化粧品を“お悩み別”に紹介していきたいと思います。

現在できているシミを撃退したい!

QuSomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

内容量  15g
価格  6,000円(税抜)
美白有効成分 ハイドロキノン(※)

軽い感触でなめらかになじむハイドロキノン配合のクリームです。即効性が高いため、既にできてしまったシミへも効果が期待できます。

※ハイドロキノンは2001年の薬事法改正により化粧品に配合可能となりました。効果は他の美白成分の10~100倍ほどあると言われていますが、その分肌への刺激は強いようです。しかし、ビーグレン独自のQuSome(キューソーム)化というテクノロジーは、ハイドロキノンを超微小のカプセルで包んでいるため、従来のものと比べると肌への負担はかなり下がっています。

これからできるシミをガードしたい!

サエル ホワイトニングローション クリアミスト(ディセンシア)

 
内容量  125ml
価格  4,860円(税込)
美白有効成分 ビタミンC誘導体 (アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2K)、エスクレシド、アルブチン

敏感肌専門ブランド、サエル。肌の炎症を抑える有効成分・コウキエキスが入っているため、シミだけではなく、赤みやかゆみなどの肌トラブルにも効果があります。デイリー使いできる化粧水なので、普段からシミ予防をしていきたい方におすすめ。

アンチエイジングもしたい!

ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト(POLA)

内容量  150ml
価格  本体4,860円/リフィル4,428円(どちらも税込)
美白有効成分

 ビタミンC誘導体(アスコルビン酸2-グルコシド)

美白成分に加え、保湿効果の高いクジンエキスクリア、マジョラムエキス、クリアモイスチャーなどが配合されているため、しわやたるみにも期待度大!大人の敏感肌に適していて、アンチエイジングも行っていきたい方に向いています。

コスパの良いケアアイテムを使いたい!

シンプルバランス 美白ジェル(ウテナ)

内容量  100g
価格  1,200円(税抜)
美白有効成分  プラセンタエキス

肌にやさしい弱酸性の美白化粧品です。化粧水、クリーム、美容液が1つになったオールインワンゲルタイプなので、これ1本で忙しい朝も美白ケアが簡単にできます♪

スキンケアアイテムの正しい使い方

美白化粧品の効果を高めるためにも、スキンケアアイテムの正しい使い方しっかりと覚えておきましょう。

基礎化粧品を使う順番

原則として、洗顔後に使用する基礎化粧品は

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム

の順番でつけます。肌の保湿、集中ケア、油分の補助、水分の蒸発を防ぐといったように、それぞれの役割がありますから、キチンと順番はおさえておきましょう。

ピーリングは肌がデリケートなときは控えて

外側から行えるもうひとつのシミ対策として、肌の角質を落とす“ピーリング”があります。

ピーリングは肌のターンオーバーを早め、排出できないシミを落としてくれる効果がありますが、摩擦に弱いデリケートな肌のときはなるべく控えておいた方が無難です。

また、敏感肌の方がピーリングを行う場合は、低刺激性の肌にやさしいピーリング剤を使いましょう。おすすめの敏感肌用ピーリング剤は以下の記事から♪

敏感肌にピーリングは・アリ?おすすめピーリング剤ランキング&皮膚科で行うピーリングをご紹介

2017.06.10

体の内側からシミをブロックしよう

シミを予防・対処するには外側のケアだけではなく、内側のケアも必須です!

普段の食事でシミを徹底的にブロックしていきましょう。

【シミ予防に効果のある栄養素】

ビタミンC いちご、レモン、ブロッコリーなど
リコピン トマト、スイカ、柿
L-システイン(メチオニン) かつお、ごま、鶏むね肉など
アスタキサンチン いくら、えび、サーモンなど

ただし、過剰摂取はお肌を黄色くする乾皮症を起こしたり、腎臓に負担をかけたりしてしまうので気をつけて下さいね。

美白化粧品で解決できないシミの対策

さて、ここまでセルフで行えるシミの対策法をご紹介してきましたが、問題なのがスキンケアで消せないシミ。症状がひどくなった老人性色素班や、脂漏性角化症はどのような対処をすれば良いのでしょうか。

まずは皮膚科で受診

美白化粧品の効果が全く出ないようでしたら、皮膚科で受診してもらうことをおすすめします。内服薬や塗り薬を処方してもらえる場合もありますし、レーザー治療を行ってもらえるところもあります。

皮膚科でレーザー治療は可能?

レーザー治療を行っている皮膚科はもちろんありますが、残念ながら保険で対応してもらえるところは現在ありません。ただし、皮膚の病気やケガの後遺症だった場合は保険が適応されることもあります。

金額は1ヵ所1万円で行っているところがほとんどですが、気になる方は、まず皮膚科や美容クリニックに相談してみると良いでしょう。

また、レーザー治療は即効性がありますが、ダウンタイムといわれる皮膚の再生期間を待たなければいけないため、完治するまでに、最低でも半年はかかることを覚悟しておきましょう。

今すぐどうにかしたい人は化粧で隠す

美白化粧品で消せないシミは、残念ながら化粧で隠していくしかありません。シミを隠す化粧方法を最後にご紹介しましょう。

使うなら敏感肌にやさしい成分の化粧品を!

デリケートなお肌を守っていくためにも、ファンデーションは油分の少ないものをチョイスしましょう。リキッド・クリームタイプはNG。粉状のタイプを使っていきましょう。

おすすめは天然の鉱物で作られたミネラルファンデーションです。

シミの隠し方

私が実際に行っているシミの隠し方を紹介しますね。

シミ 隠し方

今回隠すのはこのうっすらとしたシミ…&目元のほくろ!

化粧下地を塗ってもぼんやりしているシミを見つけたとき、私はファンデーションの前にコンシーラーを使っています。ちょんと塗って広げるだけで結構シミが隠れますよ♪

シミ メイク

こんな感じで指でポンポンとのせていきます。

その上からお粉をのせて、はい完成。

シミ 隠す

これで先程の写真通りになります。手軽に隠したいときはこの方法が使えますよ♪

ついでに、同じ方法でポコっと出たほくろも隠してみました。

シミ 消し方

少しでも脂漏性角化症でお悩みの方の参考になればと思いましたが、やはり凹凸は消えず…。でも、小さなシミぐらいなら多少凸凹でも、何とか誤魔化せると思います。

まとめ

顔って体のパーツの中でも一番見られる部分ですから、常にきれいにしておきたいですよね。しかし、シミはある日突然ぼんやりと私たちの前に現れます。一番の要因である紫外線をガードし、美白化粧品で日常からしみ対策を行っておきましょう!

もちろん、体内のケアも怠ってはいけませんよ。どうしてもシミが改善されない方は、皮膚科でお医者さんに相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。