日焼け対策!敏感肌におすすめしたい日焼け止め、アフターケア用品は?

ついにやってきた、日焼け止めが手放せないこの季節。

「日焼けはいやだけど、日焼け止めで肌荒れするのはもっといや!」

そんなお悩みを抱える超デリケートなお肌のみなさんに、今回は敏感肌向けの日焼け止めの選び方、おすすめの日焼け止めを教えちゃいたいと思います!紫外線から肌を徹底的に守るためにはどうしたら良いのでしょうか。早速見ていきましょう!

お肌の宿敵!紫外線がもたらす悪影響

日焼けの原因と言えば、誰もが口を揃えて言う“紫外線”。

紫外線は、A波・B波・C波の3つに分かれています。

その中でも私たちの肌に問題をもたらすのが紫外線A波(UV-A)・B波(UV-B)。

実はこの2つの紫外線、日焼け以外にも私たちの肌に悪影響をもたらしているってご存知でした?

しわ・たるみの原因 紫外線A波

紫外線の約9割を占める紫外線A波。ガラスも通り抜けてしまう紫外線A波は、私たちの日常生活でじわりじわりと肌へダメージを与えていきます。

肌の奥にある真皮という部分まで到達し、肌の弾力を保つコラーゲン繊維やエスラチン繊維を変性・破壊するため、肌のうるおいがなくなり、しわやたるみを引き起こします。

肌が黒くなる原因 紫外線B波

ガラスはほとんど通さないものの、散乱性が高く、ありとあらゆる方向から私たちを攻撃してくるのが紫外線B波です。肌の表面にある表皮にダメージを与えてきます。

細胞へダイレクトに攻撃を仕掛けるので、しみ・そばかすの原因に。また、皮膚が炎症を起こすサンバーン(日焼け)も、この紫外線B波の仕業なんです。

しつこい!1年中つきまとう紫外線

紫外線A波・B波、どちらとも本当に厄介なやつですね。

ところで、夏場は日焼けしやすいのに、他の季節はそうでもないって方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。実はこれ、紫外線A波とB波で年間の強さが異なっているからなんです。

参考:http://www.cger.nies.go.jp/publications/report/m018/all_M018.pdf

左はB波、右はA波の年間紫外線量を表しています。

ご覧の通り、紫外線A波は4~9月がピークですが、他の月もピーク時の半分以上、紫外線の量があることがわかります。一方、紫外線B波は5~8月頃にずば抜けて紫外線量が多く、他の月(特に11~2月の冬期間)は比較的、紫外線量が少ないようですね。

ですから、肌が黒くなり「日焼けしたなぁ~」と感じる夏場以外でも、私たちは年中紫外線を浴びているということになります。大事なお肌を守っていくためにも、年間通して紫外線対策をしていかなければいけませんね。

紫外線対策を始めよう!日焼け止めの選び方

この先待ち構える肌の老化を防ぐためにも、今から徹底的に紫外線対策を始めていきましょう!紫外線対策といって、まず初めに浮かんでくるのはズバリ“日焼け止め”ですね。

デリケートで刺激に弱い敏感肌さんは、どんな日焼け止めを使うのが正解なのでしょうか。

日焼け止めにはどんなタイプがあるの?

日焼け止めは以下の種類があります。

タイプ 特徴
ジェルタイプ
  • 伸びが良く、全身にも使いやすい
  • 水のように軽く、付け心地が良い
ミルクタイプ
  • 肌になじみやすい
  • 紫外線吸収剤を含んでいないものが多い
クリームタイプ
  • 水や汗を弾くウォータープルーフのものが多い
  • しっとりしていて保湿効果に優れている
パウダータイプ
  • メイクをした上からでも使え、毛穴も目立ちにくくする
  • 肌にやさしい

それぞれメリットがあるようですが、その中でも敏感肌におすすめしたいのは「ミルクタイプ」と「パウダータイプ」。なぜかというと、肌に負担のかかる紫外線吸収剤を使っていない“ノンケミカル”商品が多いからです。

紫外線吸収剤(ケミカル)とは?

紫外線を吸収し、肌の上で別の物質に化学反応させるものが紫外線吸収剤です。

一般的にこの紫外線吸収剤が入っている日焼け止めをケミカル、入っていないものをノンケミカルと言います。

紫外線吸収剤は化学反応する際、肌に負担を与えてしまうため、敏感肌にはあまり向いていません。肌が弱く、かぶれやすい人は、紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤が入ったものを選ぶといいでしょう。

【紫外線吸収剤の主な成分】

メトキシケイヒ酸オクチル・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル・パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシル・パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル・オキシベンゾン・4-tert-ブチル-4-メトキシ-ベンゾイルメタンなどなど。

難しい成分ばかりで覚えづらいと思いますので、語尾に共通する文字、オクチル・ヘキシル・ベンゾル・ベンゾイルメタンの4つのワードを覚えておきましょう。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)とは?

前述の通り、紫外線を吸収させず、肌の表面で反射させるものが紫外線散乱剤です。

金属や粘土質のものを粉状にして使っています。紫外線を防ぐ力は紫外線吸収剤よりも劣りますが、その分肌への刺激も弱め。

【紫外線散乱剤の主な成分】

酸化チタン・酸化亜鉛・マイカなど

最近はベタつきを抑えたり、紫外線のカバー力を高めたりするために、粒子がさらに細かく、ナノ化しているものが多いので、金属が体内に溜まるのでは?という噂もあります。

しかし明確にはなっていないため、一応、最新の紫外線散乱剤には少し注意した方がいいかもしれませんね。

他にも気をつけたい成分

敏感肌の大半は、肌が乾燥しやすい方だと思います。日焼け止めに含まれているエタノールやアルコールは、肌を乾燥させる作用があるため、なるべくなら避けた方が良いでしょう。

また、紫外線吸収剤以外にも、合成界面活性剤や香料、防腐剤など、余計な添加物が入っていないものを選ぶことをオススメします。

よく見るSPF/PAってなーに?

日焼け止めの容器には、必ず「SPF50/PA++++」などと載っていますよね。このわけのわからない暗号文、実は先程お話した紫外線A波・B波を防ぐ効果を表す“サンケア指数”と呼ばれるものなんです。

SPF

SunProtectionFactorの略で、紫外線B波の防止効果を示しています。

日焼け止めを塗ってサンバーンを起こすまでの時間が、塗らなかったときの何倍になるかを表す数値で、1SPFは約20分間を表していると言われます。

日本人は普通肌の人で、サンバーンを起こすまでに平均25分間かかると言われています。

ですから、もしSPF50という表示になっていれば、50×20で1000分、つまり、約17時間近くも紫外線B波を防ぐことができるというわけですね。とは言っても、指数はあくまで目安ですから、実際のところは肌質や塗布量によって変わってくるということも頭に入れておいてくださいね。

PA

PAはProtectionGradeOfUV-Aの略、即ち紫外線A波の防止効果を示しています。PAは+の数で効果の強さを表しています。4段階になっていて+が多い程効果が高いと覚えておきましょう。

SPF/PAは強い方がいいの?

じゃあ、SPF・PAともに効果が強いものを使っておけば安心ね!と思っているそこのあなた、ちょっと待ってください!確かに、効果が高い程紫外線はガードできますが、なんとその分、肌へはかなりの負担がかかってしまうのです。

だからといって日焼け止めを塗らないのは自殺行為。何が何でも日焼け止めは塗りましょう。

では、日焼け止めのSPF/PAはどのぐらいの指数を選べばいいのか。下にまとめてみました。

SPF PA
散歩・通勤・通学など 10前後 +
外での仕事・部活など 10~30 ++
運動会・レジャーなど 30~50 +++~++++
夏場に長時間、外にいる場合 50+ ++++

敏感肌におすすめの日焼け止め

冒頭でお話した「日焼けはいや、でも日焼け止めで肌荒れはもっといや!」そんなお願いに応えてくれる、素晴らしい日焼け止めをご紹介しちゃいます!

SS COVER(MIMURA)

内容量  20g
価格  4,200円(税抜)
SPF/PA  SPF20/PA++
 SPF・PAともに丁度いい強さですね。化粧下地として使えるので、デイリー使いにおすすめ。また、紫外線カットの効果だけではなく、テカリや小じわなど、大人の肌トラブルにも対応できちゃう優れものです。紫外線吸収剤が入っていますが、シリコンでコーティングされているのでお肌に直接刺激を与える心配もなし!

〈口コミ〉

少量でもとにかく伸びがいい!サラサラしていて化粧崩れも本当になくなった!

時間が経ってもテカリがなく、だからといって感想もしません

参考:@cosme口コミ

http://www.cosme.net/product/product_id/10106021/top

スーパーサンシールド EX(アクセーヌ)

内容量  22g
価格  4,000円(税抜)
SPF/PA  SPF50+/PA++++
 SPF・PAが強いのにも関わらず、低刺激・無香料・ノンケミカルの3拍子が揃った夢のような日焼け止め♪マリンスポーツやレジャー施設に行くときなんかに良いですね。エモリメント(保湿)効果があり、乾燥肌の方にも適しています。

〈口コミ〉

SPF50+なのに重たい感じがしないし、顔全体が明るくなる

日差しが強い季節も日焼けが気にならない!しかも白浮きしません。最高!

参考:@cosme口コミ

http://www.cosme.net/product/product_id/10040236/top

岡田UVミルク(無添加工房OKADA)

内容量  50g
価格  3,600円(税抜)
SPF/PA  SPF20/PA++
植物由来の天然エキスや、食品に使われているような、肌にやさしい成分のみでできた日焼け止めです。クレンジング剤を使わなくても石鹸だけで落ちるところがいいですね。

敏感肌だけではなく、お子さんや赤ちゃんにも使うことができます。

〈口コミ〉

本当に石鹸できれいに落ちます。重たくないし便利です。

1本使い切ったけど、4カ月は持ちましたね。コスパがとにかくいいです!

参考:@cosme口コミ

http://www.cosme.net/product/product_id/2942481/top

日焼け止めの正しい塗り方をマスターしよう!

日焼け止めを手に入れたら、早速今日から使いましょう!ここで気をつけたいポイントが2つ。

焼けたくないなら量はケチらない

日焼け止めって思っているより結構なお値段なんですよね。しかし、使うときはケチケチせずに使いましょう。少ない量は効果を軽減させたり、肌に摩擦を与えたりしてしまいます。

パッケージや容器に使用料が記載されているので、適量を手に取ったら、おでこ・頬・鼻・顎に点置きし、外側にムラなく伸ばしていきましょう。

日焼け止めの効果的な塗り方は下の動画を参考にしてください。


引用:KOSE PRECIOUS BEAUTY 美容情報

1回塗って終了はNG

日焼け止めにはもうひとつ落とし穴が。いくらSPFやPAが強い日焼け止めを塗っても、時間が経つにつれて、徐々に皮脂や汗で落ちていっちゃうんですね~。

なので、日焼け止めは2~3時間に1回は塗りなおした方が良いでしょう。特に夏場は日焼け止めが落ちやすいので、こまめに塗ることをおすすめします。

焼けちゃった!日焼け後のアフターケアはどうすれば?

もしも日焼けしちゃったときは、素早くアフターケアをしましょう!そのまま放っておくと、さらに肌が悪化する恐れが。こんなときは、以下の対処法をしてくださいね。

  • 冷たいタオルやおしぼりで患部を冷やす
  • ほてりがおさまったら、敏感肌用の化粧水で保湿
  • すばやく乳液でふたをする

アフターケアにおすすめの化粧水

紫外線が肌に当たると、皮膚の中で活性酸素が発生します。活性酸素は老化のもと。

老化を防ぐためにも、日焼け後のケアは抗酸化作用のあるビタミンCが入った化粧水で水分を補ってあげましょう。

サエルホワイトニングローションクリアリスト(ディセンシア)

 
内容量  125ml
価格  4,860円(税込)

【おすすめポイント】

メラニンの生成抑制・還元効果があるビタミンC誘導体と、皮膚の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kを配合。さらに!敏感肌に嬉しいヒト型なのセラミドも贅沢に配合しています。

紫外線の強い夏場にピッタリのさっぱりとした使い心地で、保湿ケア・美白ケアができちゃう優秀なサエル・ホワイトニングローション。夏場のレジャーなどで日焼けした時には絶対使って頂きたい1品です♡

日焼け止め以外の紫外線対策は?

最後に、日焼け止め以外の紫外線対策についてお話ししましょう。

紫外線を防ぐ食べ物

前述でもお話したように、紫外線を浴びると、シミやしわなど肌の老化の原因となる活性酸素が生まれます。活性酸素を分解するためにも、抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取していきましょう。

【抗酸化作用のある食べ物】

βカロテン 人参、パセリ、モロヘイヤなど
ポリフェノール ブルーベリー、カカオ豆、ワインなど
ビタミンC 柑橘類、ピーマン、ブロッコリーなど
ビタミンE アーモンド、うなぎ、とうがらしなど

飲む日焼け止めはいかが?

抗酸化作用のある食べ物に加えて、飲む日焼け止めで徹底的に紫外線をカットしてみるのもいいですね。そこで紹介したいのが、飲む日焼け止めで一番人気の高い商品『ホワイトヴェール(キラ★リズム)』です!

 
商品名 ホワイト ヴェール
メーカー名  キラ★リズム
内容量  1袋60粒入り・約1ヵ月分
価格  7,560円(税抜)

価格はそこそこな値段ですが、直接肌に塗る日焼け止めではないので、敏感肌でも安心して使うことができますね。美肌・エイジングケアにも効果抜群のザクロエキス、瞳を紫外線から守るルテインを使用しているので、絶対に焼きたくない!という方はお試しコースの商品から試してみてはいかがでしょう?

まとめ

毎年私たちを悩ませるこの季節。紫外線って本当に迷惑ですよね。

敏感肌のみなさんは日焼け止め選びにも一苦労していると思います。肌荒れを防ぐためにも、日焼け止めは成分、SPF/PAをしっかりと確認しましょう。

心配な方はドラッグストアやコスメストアに置かれているサンプル用品で一度パッチテストを行ってみると良いですよ。

また、万が一日焼けしてしまったら、必ず保水・保湿は怠らないでくださいね!!

紫外線対策を日頃から行い、肌トラブルから回避しましょう♪